実はWeb広告は8割の確率で失敗します。広告代理店が実施しているWeb広告で成功する確率を最大化する方法

Web広告には手は出したもののなんか上手く行っていない。。。という雰囲気になってはいないでしょうか?実は、Web広告を始めた方の約8割が「上手くいかない。。。」と感じているそうです。

この記事ではその原因と対策について紹介します。

なぜ上手く行かないのか

商品をネット上で販売するにあたり、商品の魅力はもちろん重要ですし流行り廃りもありますが、Web広告を利用しての販売で一番商品の売れ行きに作用するのは「広告主の考え方」です。

では、どのような考え方があるのか、解説していきます。

時代の変化による移り変わり

昔はチラシや雑誌広告、フリーペーパーなどの紙媒体が主流でした。
この紙媒体は「出せば見込み客に情報を届けられる」広告でした。

しかし、ネットの発達とともに新聞やフリーペーパーなどが衰退し、情報をパソコンやスマホなどの端末一つで手に入れられる時代になり、紙媒体での広告を出しても、読まれず廃棄されることも増えました。

また、映画やテレビドラマのサブスクリプションサービスの台頭によりテレビCMでさえも見ないユーザーが増えつつあり、今後も紙媒体広告のリース数が減少して行くのは間違いないです。

これからの時代はただ、広告を出すのではなく「いかに見込み客に届くような広告を適切な媒体に打てるか」が重要になっているのです。

「マーケティング」への理解

では、効率良く広告を届けるためにどうすれば良いのか?という疑問を解決しようとする考え方が「マーケティング」です。

一概にマーケティングと言っても様々な手法、考え方がありますが、Web広告で重要なマーケティングはエンドユーザーを理解する事です。つまり、実際に商品やサービスを使用してもらうターゲット層を理解しなければなりません。
しかし、近年このエンドユーザーへの理解は安易にできるものではなくなっています。

「インフルエンサー」の台頭により「あの人が紹介してたから使ってみよう!」というユーザーがとても多いので、自分の趣味嗜好ではない部分で興味を持つことが起こりうるからです。

こうなってきてしまっては、過去の顧客データや成功方法でマーケティングをしてもなかなか上手く行きません。あらゆる過去のデータ、成功方法を元に現代に合わせてカスタマイズし続けなければなりません。

そこで行っていくのが「テストマーケティング」です。

成功確率を上げるテストマーケティング方法

テストマーケティングといえば、異なるLPを比較していくものや小予算でのお試し広告等が思い浮かぶと思います。
間違いはありませんのでこちらで続けられる人もいると思いますが、Web広告で成功するためには別の方法がおすすめです。

Web広告でのテストマーケティングにおいて、重要なのは「商品の特徴を売る」のではなく「商品サービスを買ってくれるユーザーを見つける」ことです。
そして、ユーザーの絞り込みが出来れば「購買意欲を刺激できるようにブラッシュアップしていく」。この流れがWeb広告ではとても重要になります。

例えば1番最初に目に入るファーストビューでの訴求を3パターン用意しユーザーの反応を比較していきましょう。

1部分だけですから大きな差はないかもしれませんが、1,000クリック見込める媒体だとすると、成約率が0.5%向上するだけで5件の差が出てきます。
小さな差ではありますが、ゆくゆく大きな差を生むことになります。

ファーストビュー3パターンだけでもこれ位の差は出てきますので、ユーザーに合わせてブラッシュアップしてくことで効果は未知数といえるでしょう。

お試し価格でさえも重要なテストマーケティング

お試し価格として商品サービスを売り込む場合、多くの広告主が「安ければ安いほどいい」と思いがちですが、、、、違います。

物やサービスには「適正価格」というものがあり、趣味嗜好が多様化し、情報が多く入る現代社会では「安い」だけでは通用しません。

安すぎると品質不安や横行するコピー商品かもしれないというユーザーの不安を生みますし、高すぎれば購入はしてくれません。

広告を始める前に異なる金額パターンでのテストマーケティングを必ず行いましょう。

テストマーケティングは1回で結果につながるものではありません。何回もテストマーケティングを繰り返し、商品サービスに合った広告を作っていきましょう。

広告費用の上手な振り分け方

ここまでテストマーケティングの重要性をお伝えしましたが、続いては予算の振り分けです。

多くの方が成功を急ぐあまり最初から予算の半分以上をつぎ込むことがありますが、焦りは禁物です。

段階を踏み、複数回のテストマーケティング、本番としていく場合は本番に一番予算を掛けましょう。少ない予算で成功しなかったテストマーケティングが、大きな金額を掛けたからといって成功するわけではありません。

大切なのはもちろん本番なので、少ない予算でのテストマーケティングを繰り返し広告をブラッシュアップしていき本番に備えます。

「段階を踏む」「ブラッシュアップして行く」ということはWeb広告だからできるのです。テレビCM、チラシではそうはいきません。大きな予算を最初に掛けなければなりません。Web広告だからこそできる特徴を生かしていきましょう。

データ集計を活用していく

ライバルの状況や大きな検索結果を常に把握や確認をしキーワード、LPのブラッシュアップにつなげてください。

クリック数や閲覧数だけでなく、性別や年齢層をデータで集計できる解析ツールを利用して行くのが大事です。

データ集計を確認しつつ、テストマーケティングを行い、データの傾向から本番での訴求方針を決めていくことが大切です。

データ分析が大事です。

まとめ

以上が「広告代理店が実施しているWeb広告の手法」です。

・エンドユーザーへの理解
・テストマーケティングの重要性

に重きをおいてより良い広告を作っていきましょう。
テストマーケティングの中できっと商品やサービスに合った手法が見つかるはずです。

弊社ではテストマーケティングを含め広告サービスを積極的に支援しています。

少しでも興味のある方はご相談から受け付けておりますのでぜひご連絡ください!

▼関連サービス

Web集客マーケティングサービス


完全成果報酬型 MEO対策

▼関連記事

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
メールフォームの内容をご確認頂きまして送信してください。

LINEでのお問い合わせ

お友達登録はこちら
お友達登録をして頂いて
お問合せ内容をトーク画面から送信してください。

Web広告を攻略するホームぺージ制作会社エクセレント

中村 秋穂

中村 秋穂

楽天、Yahoo!などのECショップ運営を数多くサポートさせて頂いております。培った経験からスピーディーにお悩み解決をサポートします!

関連記事

無料相談行っています!!お気軽にご利用ください。
最近の記事 おすすめ記事
  1. Instagram(インスタグラム)の位置情報に自分のお店を載せる方法

  2. Instagramでバズる方法とは? ハッシュタグは重要ではありません。アルゴリズムを解析した真実。【運用者必見です】

  3. Instagram(インスタグラム)のアルゴリズムについての記事をまとめました

  4. バズる投稿をするにはInstagram(インスタグラム)のアルゴリズムを攻略する必要があります。【運用者必見】

  5. Instagram(インスタグラム)の魅力的なプロフィールの書き方を解説します

  6. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 ハッシュタグについてまとめました

  7. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 プロフィールについて

  8. Instagram(インスタグラム)とは?いまさら聞けないInstagramの基礎知識

  9. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 フォロワーを増やす方法について

  10. Instagramで攻略すべきは「発見タブ」。その発見タブについて解説します。

  1. Instagram(インスタグラム)のリール動画の音源を保存して活用する方法

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. Instagram(インスタグラム)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

  4. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

  5. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

  6. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

  7. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

  8. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

  9. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

  10. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP