検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

検索意図とは、ユーザーが検索するときに考えていることです。

具体的には、ユーザーがGoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワードを入力して検索するときの理由や目的のことです。この検索意図を満たすコンテンツを作れば、SEOに良い効果が期待できます。

逆に、この検索意図を無視したコンテンツにを作ってしまうと、Googleに評価されづらくなり、検索順位が上がらなかったり、検索流入が増えなくなるわけです。

この記事では、検索意図を理解してコンテンツを作るという重要性を解説したいと思います。

検索意図とは?

検索意図とは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンを使用してユーザーが検索キーワードを入力する際のユーザーの心理の裏側にある感情や意志のことです。検索意図は大きく分類すると以下の4つのクエリに分かれます。

検索意図を確認する

見込客が情報を探すときにどのような言葉や単語で検索するかを考える事が大事ですが、見込客の検索のタイミングは様々です。

見込客がどのようなタイミングで、どのような思考で検索行動を起こすのかを予測し、その行動のタイミングに沿ったキーワード候補を選ぶことが大事です。

検索意図は大きく分けて「〇〇を知りたい」「〇〇に行きたい」「〇〇したい」「〇〇を買いたい」となり、その各々の検索意図を満たすコンテンツを作る事で申し込みやアクセスなどのコンバージョンの増加につなげることができます。

Knowクエリ(情報収集型)

Knowクエリはある特定の情報を知りたいとか、自分に抱えている悩みや問題の解決方法を知りたいなどの「〇〇とは?」というキーワードで検索される場合がそれになります。

このKnowクエリの特徴は検索ボリュームが多く、たくさんの見込み客がいる事です。Knowクエリ関連の検索キーワードは資料請求や商品購入などのコンバージョンから遠いキーワードですが、アクセスアップを狙っていく必要があると判断するなら、このKnowクエリでキーワードを押さえる事が大切です。

Goクエリ(案内型)

ある特定のサイトや場所などに「〇〇へ行きたい」という意図があるとされる検索キーワードで、特定のサイト名や場所が入った指名検索キーワードがこれに該当します。

Doクエリ(取引型)

見込客がある特定の行動を「〇〇したい」という意図を持っているとされる検索キーワードのことで、「SEO対策 依頼」のような検索キーワードがこれに該当します。

特定の行動を起こすことを前提としている為、企業側に取っては高いコンバージョン率が期待できる反面、SEOで上位表示するのが難しい検索キーワードとなっています。

Buyクエリ(行動型)

「すでに購入を検討している」や「どの商品を購入するか比較している」などと、とてもコンバージョンが高いクエリなので、競合がひしめきあっています。

このクエリでの検索上位は、かなりのコンバージョンを見込めますが、なぜ、この商品を買うべきなのか?このサービスを利用すべきなのかをしっかり、KnowクエリやDoクエリを土台にして説明していく必要があります。

検索意図を調べる方法

ペルソナから見つける

コンテンツを作成するときは、誰にそのコンテンツを提供したいのかを考えなくてはなりません。提供したい相手がふんわりしていたり、万人受けを狙ったりすると、コンテンツで伝えたいメッセージ力が弱まり、成果に繋がりにくくなりますので要注意です。

架空のお客様の名前、家族構成、趣味、悩みなどを明確にし、しっかりとしたペルソナを設定することで、見込み客の行動パターンやニーズなどを具体的に予想することが可能となり、成果に繋がりやすいキーワードの選定が可能となりますので、しっかりとしたペルソナを作り上げてからキーワードを考えてくください。

上位表示されているライバルのコンテンツを確認

上位に表示したいキーワードで実際に検索した時に、上位表示されているコンテンツを確認して現在どのようなページが評価されているのかをチェックします。そしてそのコンテンツを確認してライバルの対策状況も確認しておきましょう。

ライバルの対策状況については、「見出し」を見るとおよそのコンテンツ内容や傾向が把握できますので参考に見出しを書き出してみましょう。

そうすることによって、どの検索クエリに対する内容が評価されているのか?どのような内容にすれば評価されるのかがわかってきます。

軸となるキーワードから見つける

運営するサイトの目的に合わせた「軸」のキーワードを利用した選定が大事です。

「軸」となるキーワードの選定はその幅を広げるために、ユーザーが検索する可能性が高い検索ボリュームの大きいビッグキーワードが良いです。

SEO対策サービスを提供している当社のサイトであれば、そのサービスに関係のある「SEO対策」「Web集客」「Webマーケティング」「Web広告」などのビッグキーワードでの設定が理想です。

ビッグキーワードとは?

ビックキーワードは、多くの検索意図やニーズを含み、検索ボリュームが10,000を超えるようなキーワードを指します。検索するユーザーが多く、需要があるため、ビッグキーワードで検索結果の上位に表示できれば、一気にサイトの流入を増やし、認知を拡大することが出来ます。

軸キーワードから拡張する

メインで狙っていくキーワードが決定したら、次はそのキーワードに類似するキーワードや関連するキーワードを探します。
この拡張するキーワードを探すのはツールを使えば簡単です。

ラッコキーワードを利用する

当社はラッコキーワードのご利用をお薦めします。

検索エンジンがユーザーの利便性を考慮し、実際に検索されている頻度の高いキーワードをユーザーに表示するものですので、検索意図となるキーワードが含まれている可能性が高いのです。また、サジェストキーワード・類義語・共起語などをサクサクと提案してくれる優れるものですので、質より量を意識してさまざまな角度から効果的なキーワードを抽出することが出来ます。

ラッコキーワードについては別記事にて紹介しておりますので、そちらを参考にしてください。

▼参考記事

SEO対策するキーワードの選定の仕方

キーワードのピックアップが完了したら、次はキーワード対策するキーワードの優先順位を考えます。

もちろん、ここまでにビックアップした全てのキーワードに対して対策を行えるのがベストですが、大企業のように物凄い体力がある会社であればそれは可能でしょうが、ほとんどの中小企業ではリソース的にも費用的にも限界があるので、キーワードに優先順位をつけて対策を進行します。

優先順位をつけるために確認すべきポイントは以下になります。

キーワードの検索ボリュームを確認する

まず確認すべきは検索ボリュームです。
ある程度の検索ボリュームがあるキーワードでなければ、上位表示されたとしても流入の増加はあまり見込めません。

例えば、月間10回しか検索されていないキーワードと、月間10,000回検索されているキーワードの場合は、検索数が多いものから対策を行います。

検索ボリュームを調べる際は大量のキーワードを調べるのであれば、キーワードプランナーがお薦めです。少量のキーワードを手軽に調べるのであればKeyword Surferのご利用をお勧めします。

Keyword Surfer(キーワードサーファー)については別記事で解説しておりますので、そちらをご確認下さいませ。

▼参考記事

コンバージョンへの近さを考える

月間検索ボリュームの多い、ビッグキーワード
月間検索ボリュームの少ない、ロングテールキーワード

キーワードを検索している人を想像したときに、よりコンバージョンを多く集めることが出来そうなのはどちらでしょうか?

ビッグキーワードは、検索意図がばらけてしまうことが多いです。それに対してロングテールキーワードは、検索意図が固まっている傾向が強くので、コンバージョンにはロングテールキーワードが近いです。

したがって、コンバージョンに近い、ロングテールキーワードを選ぶのが賢明です。

まとめ

キーワード選定はSEOの明暗を分けるポイントの一つであり、多くのSEO担当者様を悩ませるポイントです。しかし、キーワード選定については本記事に記載したように少し専門的な知識が必要なってきます。

もし、時間が無くてそこまで考える事が出来ないとか、成果が出ないという場合は、SEO対策に自信を持つエクセレントが御社のSEO対策をサポート致します。

キーワード選定からその実行までフルサポートが可能でございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

▼関連サービスのご案内
エクセレントのWeb集客マーケティング
エクセレントの完全成果報酬型のSEOサービス

無料相談の流れ

1.お申込み

下記お申込フォームより、お気軽にご連絡ください。

2.日程調整

担当より日程のご連絡をいたします。

3.無料相談

30分程度の相談会を実施いたします。

4.商談

弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービスのご案内をさせて頂きます。

無料相談 ご利用後の流れ

しつこい電話セールスなどは一切いたしません。逆に、弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービス内の詳細についてご案内をさせて頂きます。

Web集客の無料相談

▼お申し込みはこちらから
Web集客の無料相談

Web集客の無料相談こちらをクリック

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
メールフォームの内容をご確認頂きまして送信してください。

LINEでのお問い合わせ

お友達登録はこちら
お友達登録をして頂いて
お問合せ内容をトーク画面から送信してください。

インスタ集客とブログ集客で集客数を3倍に引き上げる 株式会社エクセレント

2022年 3月初稿
2022年 8月リライト

筒井 章年

Web制作歴25年。1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でWeb集客の立案やコンサルティングを担当しています。集客問題を解決できるノウハウをわかりやすくご紹介いたします!

関連記事

無料相談行っています!!お気軽にご利用ください。
最近の記事 おすすめ記事
  1. Instagram(インスタグラム)を利用した基本的な集客方法

  2. Instagram(インスタグラム)の運用代行は個人に依頼すべき?企業に依頼すべき?

  3. Instagram(インスタグラム)で自分が「いいね」した投稿を確認する方法

  4. Instagram(インスタグラム)のタイアップ投稿の設定方法について

  5. Instagram(インスタグラム)の位置情報に自分のお店を載せる方法

  6. Instagramでバズる方法とは? ハッシュタグは重要ではありません。アルゴリズムを解析した真実。【運用者必見です】

  7. Instagram(インスタグラム)のアルゴリズムについての記事をまとめました

  8. バズる投稿をするにはInstagram(インスタグラム)のアルゴリズムを攻略する必要があります。【運用者必見】

  9. Instagram(インスタグラム)の魅力的なプロフィールの書き方を解説します

  10. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 ハッシュタグについてまとめました

  1. Instagram(インスタグラム)のリール動画の音源を保存して活用する方法

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. Instagram(インスタグラム)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

  4. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

  5. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

  6. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

  7. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

  8. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

  9. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

  10. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP