初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

SEOとはGoogleなどの検索エンジンでの検索結果で、上位表示を実現し自社サイトへの多くの流入を獲得するための取り組みを総称してSEO対策と言います

この記事では、SEO対策をして上位表示する方法と、SEO対策について初心者が知っておくべき基本的な情報について解説いたします。

SEOとは?

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化の意味)の略です。
Googleなどの検索エンジンでの検索結果で、上位に自社サイトを表示し自社サイトへの流入を多く獲得するための取り組みをSEO対策と言います。

SEO対策は、Googleの検索結果でWebサイトをインデックスさせて露出を増やしたり、上位表示させて検索流入を増やすための対策のことを言います。

SEO対策のメリット・デメリット

SEO対策のメリット

SEO対策は時間が経っても集客効果があり利益を生み出す資産となり、中長期的に安定した集客が低コストで見込める事です。

その裏付けとして、一般的に検索ユーザーの行動はリスティング広告枠からが約20%、自然検索の検索結果からが約80%の割合でホームページに訪問すると言われています。

また、自然検索で1位に表示されれば約30%のユーザーがクリックをすると言われています。一方でリスティング広告枠は約5%と言われていますので、検索行動からの集客となるため成果に結びつきやすい、コンバージョン率が高いユーザーの流入すると言われています。

SEO対策のデメリット

コンテンツの作成から集客につながるまで時間がかかる事です。結果が出るまでにおよそ、半年~1年ほど時間がかかるということは認識しておくべきです。

それは、Googleに正しくサイトを評価してもらうためのサイト内の内部対策、ユーザーから評価されるようなコンテンツの作成など実施すべき内容が多く、またそれらがGoogleに評価されるまでも時間を要するからです。

しかも、その対策をするのには正しい知識を学ぶ時間と努力が必要です。

初心者が対策すべき3つの基本SEO対策の方法

SEO対策においては、常に最新の検索エンジンのルールを理解し、ホームページの価値を正しく認識される知識が必要です。

現在、効果のある対策方法として、内部対策外部対策コンテンツ対策の3つがあります。

内部対策

内部対策とは、HTMLソースコードを調整して検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝達することです。

重要なキーワードをタイトルや見出しのタグに使用してどのような記事なのかをわかりやすくしたり、関連するサイト内の記事へ誘導する内部リンクを充実させたりすることで記事の価値を高めます。

メニューやタイトルをわかりやすく設定することで、検索エンジンだけでなくユーザーにとって使いやすいホームページを作ることにもつながり、ホームページ全体の質を底上げ出来ればユーザーのサイト滞在時間も伸び、サービスや商品の購入に繋がる可能性にもつながります。

外部対策

外部サイトからの被リンクが多いほど、人気のサイトと判断され検索結果にも反映されやすくなります。

検索エンジンは、被リンクをたくさん取得しているWebサイトを有益なページと評価するので、重要な施策といえますが、過剰に相互リンクを行うなどの不自然なリンクや内容の薄い低品質なサイトからのリンクなどはペナルティ対象となり、検索順位が下がってしまうので注意する必要があります。

また、近年は「サイテーション」も大切だといわれています。サイテーションとは「ネット上で企業名、サイト名、電話番号など」を言及される第三者からの評価の事です。検索エンジンは、被リンクもサイテーションも「第三者による評価」として評価しているので有効な判断材料となります。

外部対策は専門家に任せるのがベスト

外部対策はサイトの専門性や評価を高めるためにも重要な対策です。
しかし、故意に被リンクを増やす行為はペナルティの対象になる可能性がございます。

そこでその危険を回避するために専門知識を持つ専門業者にお任せするのが安心です。
外部対策の業者起用については以下の記事を参考にしてください。

関連記事

コンテンツ対策

3つの対策の中で最も重要で、時間と手間がかかるのがこのコンテンツ対策です。

どんなに外部対策をしても、どんなに内部対策しても、このコンテンツが充実していなければ意味がありません。

ユーザーの検索意図を考えて、ユーザーファーストを意識してコンテンツ作成をしているコンテンツを検索エンジンは評価します。そして、有効なコンテンツとされているのは人の悩みを解決するという専門性が高く、役に立つコンテンツを提供すること事が明確であるサイトの事であります。

検索意図については別の記事で紹介していますので参考にしてください。

▼該当記事

コンテンツ対策の手順

まずはライバルの状態を調べる

コンテンツ対策をする前に、まず最初にやらなければならないことがあります。それは、検索上位のサイトを調べる事です。やみくもに伝えたいことや想像に任せてコンテンツを作るのではなく、検索上位のサイトがどのようなページ構成で制作しているのかを調べる事が大事です。

そうすることにより対応すべき作業や目標が明確に設定する事が出来、効率的な検索対策が出来る事となります。

ライバルの状態を調べる方法

検索対策をしていない時点では検索ボリュームの大きいビッグキーワードの検索順位を上げるのは不可能です。しかし、検索ボリュームがビッグキーワードより、少ないロングテールキーワードで検索上位を実現することで徐々にドメインパワーが向上し、ホームぺージ全体の検索順位上昇につながりビッグキーワードでの検索順位も上昇します。

そのロングテールキーワードを見つける方法はどうするのかというと、検索エンジンでビッグキーワードを調べると検索窓に出てくるこのサジェストキーワードを調べてそれを対策するという事になります。

ただ、ここに表示されているからという理由だけで対策をしてしまうと、自社が提供するサービスや商品と関係のないキーワードでの対策なる可能性もあり、有効的な対策にならないケースが発生しますのでこの画面に表示されていない、自社が得意としているサジェストキーワードを探す必要があります。

その組み合わせを探すのはGoogleの検索画面では無理ですので別のツールを利用することになります。そのツールとしてお勧めするのがラッコキーワードです。

参考記事

ラッコキーワードの使用方法


サジェストキーワードで探す方法は驚くほど簡単です。「キーワード」を入れて検索するだけ。そこから得られるサジェストキーワード一覧から選定することになります。

検索キーワードは検索エンジン毎に特徴があり、ユーザー層も違います。
商品やサービスが既に決まっている客層が利用するキーワードは「販売」をするキーワードで「楽天」「Amazon」を利用します。

まだ情報を求めている状態の客層が利用するキーワードは「集客」をするキーワードで「Google」「YouTube」を利用する特徴がありますので、そういう細かい絞り込みも出来る優れものです。

ロングテールキーワードを見つける方法

例えば、この記事の場合なら「SEO対策」となりますので、まずは「SEO対策」と入力します。その検索結果で出て来た一覧で、自分の商品サービスの特徴を表現できるサジェストキーワードを探します。

そして赤枠の中のマークをクリックするとさらに3つのキーワードに深堀りしたサジェストキーワードが表示されます。それがSEO対策をするべきのロングテールキーワードです。

検索ボリュームを調べる

ラッコキーワードの無料版では検索ボリュームが確認出来ないので、有料版での契約が必要です。ただ、お金を払ってまではちょっと・・・・と思われる方にはキーワードサーファーというchrome拡張機能のご利用がお薦めです。物凄く優秀なのに無料でご利用頂けます。

インストールして使用して頂くと画面の右側に出てくる表示の数字が検索数です。その数字が月間の検索数ですのでその数字を判断材料とします。

関連記事

その数字を確認してSEO対策の初心者は下記の数値を参考にロングテールキーワードを選んでください。

  • 10,000以上のロングテールキーワードは対策しない
  • 対策は100~5,000のロングテールキーワードから始める
  • 慣れてくれば5,000~10,000のロングテールキーワードを挑戦する
  • 是非、参考して挑戦してください。

    ライバルの見出しを調べます

    キーワードを選んで方向性が固まると次は記事の全体像を構築していきます。

    SEO対策では記事の見出しやタイトルにキーワードを含めるのはとても重要です。
    同じロングテールキーワードでsEO対策して上位表示を実現している競合サイトの見出しやタイトルではどんな風にキーワードを入れているかを調べて行きます。

    調べ方は簡単。
    ラッコキーワードで「見出し抽出」のボタンを押すだけ。それだけで上位20社の見出しを含むページを確認すること出来ます。

    画面上部には検索上位20サイトの平均見出し数や記事全体の平均文字数も表示されています。検索上位20サイトの各サイトの見出し数、平均文字数が表示されます。

    この内容を確認して、Googleが好んでいる見出しの構成やキーワードなどの傾向を調べて自分のサイトのSEO対策を進めて行きます。

    まとめ

    SEO対策に関して一通り説明しました。
    しかし、ここの情報はほんの一部に過ぎません。

    SEO対策については奥が深く、終わりがありません。

    一度上位化したらそれで終わりではなく、高順位をキープするために改善を続けなければなりません。正しいと言われている修正を加えても、全く順位が上がらなかったり、逆に悪化してしまうこともあります。

    何が良くて、何が悪いのかは常にテストを続けることです。そして検索上位をキープできるように頑張ってください。

    もし、SEO対策について不明な事があったり、代行して欲しいなと思われた場合にはエクセレントにご用命ください。

    SEO対策のご相談はエクセレントへ

    Web集客に追われていませんか?

  • 「本業での作業が立て込み時間が取れない」
  • 「自社の能力や知識では今が限界」
  • 「どんな集客方法を試しても上手く行かない」
  • エクセレントはWeb集客でのお悩みを迅速にサポートいたします。

    エクセレントの3つの特徴

    【特徴1.】人件費と比べて圧倒的に費用が安い!
    月額3.3万円から利用が可能なので大幅に固定費を圧縮できます。

    【特徴2.】集客の初心者のアルバイトや正社員を育てる必要が無い
    25年のWeb集客の経験があるので、人を育てる時間もそのコストも必要ありません。

    【特徴3.】即戦力をすぐに現場に投入できます
    契約終了後、即稼働出来るので、人を探す時間も育てる時間もコストもかかりません。

    エクセレントのサービスが気になる方はお気軽にお問い合わせください。

    ▼該当サービス

    コンテンツ制作サービス
    コンテンツ制作サービス
    コンテンツ制作サービス
    コンテンツ制作サービス
    完全成果報酬型のMEOサービス

    メールでのお問い合わせ

    お問い合わせはこちら
    メールフォームの内容をご確認頂きまして送信してください。

    LINEでのお問い合わせ

    お友達登録はこちら
    お友達登録をして頂いて
    お問合せ内容をトーク画面から送信してください。

    SEO対策によるWeb集客が得意な会社 株式会社エクセレント

    初稿 2022年3月
    リライト 2022年8月

    筒井 章年

    Web制作歴25年。1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でWeb集客の立案やコンサルティングを担当しています。集客問題を解決できるノウハウをわかりやすくご紹介いたします!

    関連記事

    無料相談行っています!!お気軽にご利用ください。
    最近の記事 おすすめ記事
    1. コピペですぐ使える!ビジネスライクなCSSボタンデザイン30選

    2. Instagramのまとめ機能とは?使い方とメリットを詳しく解説!

    3. インスタグラムのストーリーをリールに変換する方法

    4. ブログ記事をリライトする具体的な方法やコツを解説します

    5. インスタストーリー 音楽の付け方【初心者向け】

    6. ライティング について記事をまとめました。 記事の書き方のコツを覚えればブログは楽勝です。

    7. インスタグラム(Instagram) の記事についてまとめてみました

    8. ホームぺージ(webサイト)制作・更新についての基礎知識などについてまとめてみました。 【まとめ記事】

    9. インスタグラム(Instagram) まとめ記事 インスタグラムはどうやって編集するの? 編集方法編

    10. WordPress(ワードプレス)まとめ記事  総まとめ編

    1. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

    2. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

    3. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

    4. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

    5. インスタグラム(Instagram)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

    6. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

    7. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

    8. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

    9. WordPressで投稿するブログで <br> と <br /> はどちらが正しいの?何が違うのか解説します。

    10. WordPressのブロックエディタを利用してページ編集する方法とその投稿方法

    資料を無料ダウンロード

    弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
    ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

    TOP