【2022年版】Webで効果的に集客する方法とは?超初心者向けに解説します

Web集客とは

ここではWeb集客とはインターネットを利用して自社のホームページへ集客する事と定義します。

検索サイトのGoogleやYahoo!JAPAN、FacebookやLINE、TwitterなどのSNSやYouTubeなどの様々なWeb上のサービスを活用して集客を行います。

FacebookやTwitterなどのSNSは誰でも無料でアカウントを作ることが出来、すぐにでも運用を開始することが出来ます。SEOやYouTubeなどは自社で制作できれば、無料で運用を開始することが出来ます。

多くの人がスマホを持ち、気軽にインターネット上で人と繋がり、情報を得ることが出来る時代なので、検索サイトの利用方法やSNSの利用方法が多様化しています。ビジネスにおいてのWeb集客は、その多様化の波を読み、理解して、攻略して行くことが必要です。

したがって、超初心者の方がWeb集客を開始しようとすると、何をどのようにすれば良いのか分からない時代になっていますので、ここでは、多様化するWeb集客の方法について出来るだけ超初心者向けにわかりやすく紹介したいと思います。

Web集客のメリットとデメリット

Web集客のメリット

コストが安い

Web集客で利用する広告コストは、従来のテレビCMや、新聞、雑誌等の広告に比べて圧倒的にコストが安いです。また、従来の広告とは違ってWeb集客は、使用するツールも無料から使えるものが多いため、運営コストも安く抑えることが出来ます。

配信データを資産として運用できる

Web上に公開したコンテンツは削除しない限り、会社の資産としてGoogle経由で商品・サービスに興味をもったお客様が半永久的に無料で集まります。
コンテンツを積み重ねて行けば、Googleからの評価も上がり、更なるコンテンツの価値の向上が見込めます。

即時性があり、修正も簡単

Web集客は即時性があるのが大きな特徴です。
従来の広告を配信する場合、広告の出稿手続きをしてから実際に広告が配信されるまで日数がかかりますが、Web広告は入稿から1時間で広告の配信が出来ます。

また、出稿している広告内容が間違っていた場合や変更したい場合でも、Web広告の場合は修正も追加もすぐに出来ます。

ユーザーの属性や興味など、細かく効果を測定できる

Web集客のメリットはなんと言っても、データとして結果が見えることです。
アクセス解析ツールを活用することで、いつ、どこから、どのような人が、どのような目的をもって集客出来たかが測定出来るという事です。

Web集客のデメリット

参入障壁が低いので競合が多い

Web集客はコストが殆どかからず誰でも気軽に参入できるため、参入障壁がとても低いので競争が激しいのが特徴です。

検索エンジン経由で集客できるまでには専門知識と時間が必要

Google経由で集客できるようになるにはSEO対策が必須です。そして、そのSEO対策にはある程度の専門知識が必要となります。全く知識が無い状態で闇雲にコンテンツを増やしたところで露出が増えるほど簡単な事ではありません。

また、Google経由での集客はある程度の時間が必要です。
すでに認知されている商品やサービスであれば、新しいコンテンツを追加すれば見て貰える可能性はありますが、殆ど認知されていないような商品・サービスであれば、コンテンツを追加してもユーザーに見てもらえない場合が殆どです。

Web集客の種類

無料のWeb集客方法

無料のWeb集客方法は、ホームぺージのブログ記事をベースに集客する方法です。

具体的には、ブログ記事を書いて情報発信したり、SNSを利用して情報発信することで認知してもらう方法です。

Googleで上位表示されたり、SNSで認知されるようになれば、集客コストをかけずに集客できるというメリットがある一方、ブログ記事が上位表示されるまでに多くの時間がかかり、SNS上で認知されるようになるのも多くの時間と労力を必要とするので、即効性がないというデメリットがあります。

有料のWeb集客方法

有料のWeb集客方法は、Web広告を出稿します。
広告費はかかりますが、費用を払えばすぐに広告がスタートできるというメリットがあります。

無料で出来るWeb集客の種類

SEO対策

GoogleやYahooなどの検索エンジンのキーワード検索時に、検索結果の上位に自社サイトを表示させるための対策の事です。検索結果の上部に表示される「広告」マークがないものがSEO対策の結果として表示されているものがそれになります。

そのキーワード検索時に自社サイトを上位に表示させるためにはSEOに関する知識と時間、何よりサイト上に質の高いコンテンツが必要になります。

高品質なコンテンツを作成する知識や技術が必要となり、結果を得られるまでは平均的には半年ほどかかりますが、高品質なコンテンツを作成し、検索結果で上位表示されれば継続的に集客出来るのでとてもおすすめの集客法です。

SEO対策のメリット

新聞広告やテレビCMや折り込みでは、発信直後には集客効果を生み出しますが、時間が経過するにつれ効果が失われますが、SEO対策は時間が経っても集客効果があり利益を生み出す資産となることです。

その裏付けとして、一般的に検索ユーザーの行動はリスティング広告枠からが約20%自然検索の検索結果からが約80%の割合で、ホームページに訪問すると言われています。

また、自然検索で1位に表示されれば約30%のユーザーがクリックをすると言われています。一方でリスティング広告枠は約5%と言われていますので、この数値と比べてもSEO対策は集客効果があり利益を生み出す資産となるメリットがあると言えます。

参考記事

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは、コンテンツの作成から集客につながるまで時間がかかることです。

2011年頃までのSEO対策では、不自然な文脈や内容が薄いページでもとにかくキーワードを多用し、業者からリンクを買えば上位表示されていましたが、現在では充実した内容、ユーザーにとって有益ななコンテンツであるかどうかが重視されるようになってきています。ユーザーにとって価値の高いコンテンツを継続的に提供する事、そして質の高いたコンテンツを更新し続ける努力をしなければなりません。

対策をすることが楽ではないのがデメリットです。

SEO対策の方法

SEO対策においては、常に最新の検索エンジンのルールを理解し、ホームページの価値を正しく認識される過程が必要です。現在、効果のある対策として、内部対策外部対策コンテンツ対策の3つがあります。

内部対策

内部対策とは、HTMLソースコードを調整して検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝達することです。

重要なキーワードをタイトルや見出しのタグに使用してどのような記事なのかをわかりやすくしたり、関連するサイト内の記事へ誘導する内部リンクを充実させたりすることで記事の価値を高めます。

メニューやタイトルをわかりやすく設定することで、検索エンジンだけでなくユーザーにとって使いやすいホームページを作ることにもつながり、ホームページ全体の質を底上げ出来ればユーザーのサイト滞在時間も伸びるでしょう。

滞在時間が伸びれば、サービスや商品の購入に繋がる可能性も高まります。

▼参考記事

外部対策

外部対策とは、外部サイトからの被リンクが多いほど、人気のサイトと判断され検索結果にも反映されやすくなります。

被リンクとは、外部のWebサイトから自社のWebサイトのリンクを張ってもらうことです。
検索エンジンは、被リンクをたくさん取得しているWebサイトを有益なページと評価するので、重要な施策といえますが、過剰に相互リンクを行うなどの不自然なリンクや内容の薄い低品質なサイトからのリンクなどはペナルティ対象となり、検索順位が下がってしまうので注意する必要があります。

また、近年は「サイテーション」も大切だといわれています。サイテーションとは「ネット上で企業名、サイト名、電話番号など」を言及されることです。

例えばTwitterやInstagramで、自社の事が投稿されたとしましょう。それは第三者の評価となります。検索エンジンは、被リンクもサイテーションも「第三者による評価」として評価しているので有効な判断材料となるようです。

コンテンツ対策

3つの対策の中で最も重要で、時間と手間がかかるのがコンテンツ対策です。どんなに外部対策をしても、内部を対策しても、コンテンツが充実していなければ意味がありません。

ユーザーの検索意図を考えて、ユーザーファーストを意識してコンテンツ作成をしているコンテンツを検索エンジンは評価します。最も有効なコンテンツとされているのは

どんな「人」のどんな「悩み」を解決するのか?が明確である事。

悩みを解決することが出来る、そんな専門性の高い役に立つコンテンツを提供することが検索エンジン対策となります。

MEO対策

Googleで「地域名」と「サービス名」を含めて検索をする場合、Googleマップと店舗名が一覧で表示されます。この地図と一覧で表示される為には「Google マイビジネス」というサービスに登録する事で表示が可能になります。この機能を利用して、上位表示させるための施策を「MEO対策」と言います。

手軽に始められるので、店舗集客に課題がある店舗ビジネスを行いの方におすすめの集客法です。

Googleショッピング

Googleの検索窓の下に位置するECサイトへの集客が期待出来るショッピングカテゴリーです。

近年はGoogleショッピング自体の機能拡充も進み、小売事業者にとっては必須といっても過言ではないほど急速にその価値が高まっています。
特にスマートフォンにおいてはキーワードに応じてショッピング検索結果優先的に表示するなど、とても重要な位置づけとなっており、ECサイトに集客したい方にはおすすめの集客ツールです。

SNSから集客する

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(繋がり)を提供するサービスを意味します。

一昔前のブログやmixiの機能が発展して「Facebook」、「Twitter」、「Instagram」、「LINE」などに発展しています。
「食べログ」や「YouTube」「TikTok」もSNSのジャンルに入るツールです。

ここでは、当社がビジネスとして利用するケースが多いツールに絞って案内を致します。

Facebook

  • 無料で登録出来て、すぐ始められる
  • 登録者数 2,600万人
  • 30〜40代のビジネス層の利用
  • 実名、顔出しで利用している人が多いのが特徴
  • 文字数制限がないため、長文の投稿でブログのような利用が出来る

Instagram

  • 無料で登録出来てすぐ始められる
  • 登録者数 3,300万人
  • ユーザーの半数以上が10〜20代
  • ハッシュタグや地名などの検索ができ、検索による情報収集ツールとしての利用が増えている
  • 雑誌感覚の利用からブログ感覚の利用方法に変化している
  • フィードとストーリーズの使い分けが重要

Twitter

  • 無料で登録出来て、すぐ始められる
  • 登録者数 4,500万人
  • 20代から30代の利用が多い
  • リアルタイム性と拡散力が高いのが特徴
  • 短文の投稿なので、気軽に利用出来る

LINE

  • 無料で登録出来て、すぐ始められる
  • 登録者数 8,900万人
  • 全世代が利用
  • 様々なパターンのメッセージ配信が可能で、メルマガより開封率が高い
  • アクティブなユーザーが多い

有料広告からの集客

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!の検索エンジンでの検索結果にキーワードに連動して表示される広告のことです。

キーワードをユーザーが検索している関心が高いときに広告が表示されるため、コンバージョン率が高いのが特徴です。

ビジネスですぐに結果を出したいときはリスティング広告が有効であります。
当社でも、スピード重視の場合はリスティング広告をお勧めしております。

SNS広告

Facebook・instagram・Twitter・LINEといったSNSのプラットフォームに配信し、SNSの画面に表示させる広告のことです。

SNS広告はSNSにユーザー自身が登録した基本情報や利用履歴に基づいて広告配信を行うことが可能です。

たとえば、自社商品のターゲットが岡山県の40代女性の場合、岡山県在住の40代女性のみに広告を表示することが出来ます。
自社商品のターゲットが東京都の50代男性の場合、東京都在住の50代女性のみに広告を表示することが出来ます。

当社では、見込み客に対して、自社の商品やサービスを知ってもらう「認知拡大」ツールとして利用しています。

Facebook広告

  • 1つの管理画面からFacebook、Instagram、Audience Network、Messengerへの配信が可能
  • ターゲティング精度が高い
  • 最低出稿金額は100円という低価格からの配信が可能
  • 広告配信の目的によって、多数の広告形式から最適な広告を選択することが可能
  • 広告配信の自動最適化の機能がある

Instagram広告

  • ターゲティング精度が高い
  • アクティブな利用者が多く、出稿費用のロスが少ない
  • 最低出稿金額は100円という低価格からの配信が可能
  • 広告の出稿面が多い
  • 広告配信の自動最適化の機能がある

Twitter広告

  • 広告色をあまり出さずに配信が可能
  • 「いいね」や「リツイート」による二次拡散効果を期待出来る
  • 若年層に対してリーチしやすい
  • 言葉のインパクトやおもしろい表現が重要

LINE広告

  • 圧倒的なユーザー数に対して配信出来るリーチ力
  • LINEを毎日使うユーザーは85%とアクティブ率が非常に高い
  • 10種類以上の配信媒体を持っている
  • 精度の高いターゲット設定が可能
  • 言葉のインパクトやおもしろい表現が重要

すぐに成果が欲しい場合は何からすべきか

すぐに成果が欲しい場合は集客専門の外部の会社に任せる

Web集客は専門知識がないと成果を上げにくいです。
そして、ある程度の時間や手間をかけなければなりません。

「専門知識が無く、自社に合った集客方法が分からない」「通常業務で手一杯。リソースが足りない」など、自社での運用が難しい場合は、すでにノウハウを持っている外部の会社に任せるのが大正解です。

自力で頑張りたい人はまずリスティング広告

外部の会社に任せるのではなく、将来の事を考えて今の時点から自力にこだわりたい方は有料広告の「リスティング広告」を利用するとことをお薦めします。あなたのサービスを求めているユーザーつまり「顕在顧客」にあなたのサービスを告知する事から始めるのが良いです。

理由としては、SEO対策では成果が出るまでかなり時間がかかりますのですぐに成果が出てきません。すぐに成果が出すのはやはり「リスティング広告」が一番だからです。また「リスティング広告」を運用することで集客のお勉強が出来ますので将来的な自社内の集客ノウハウの蓄積にも有効的となるからです。

リスティング広告の次の対策はどうする?

リスティングの検索広告だけで獲得できる顕在層にはある程度限界があります。
そのため次に、SNS広告など他の広告メニューを利用しマーケットを広げて顕在層だけではなく潜在層に対して広告を配信して多くの新規顧客を獲得を目指します。

しかし、ここまでくるとWeb集客を戦略を本格的に練っていく必要が出てきますので、ホームぺージ戦略専門担当者不在の会社は、この段階でつまずくケースがとても多いです。

予算管理も難しく、広告費を無駄に利用してしまい、時間と費用をムダにしているケースが多数あります。実際、Web集客サービスを提供している当社でもこのステージで躓くことがありますので、この段階で専門知識が無いのはその後の展開が厳しいので慎重に考える必要があります。

Web集客(ネット集客)の4つのコツと成功するポイント

1.ターゲットを絞る

ターゲットが絞られていないと、Web集客(ネット集客)は成功しません。まずどのような人たちに情報を届けたいのかをしっかりと定めます。

「なんとなく男性に届けたい」「40代ぐらいの女性かな」ではターゲティングとはいえません。

「共働きで小学生の子どもが2人いて、忙しく、料理や掃除など家事にあまり手間をかけられない、比較的大雑把な性格の30~40代女性」とか、「休日は釣りやラフティングなど自然の中でアクティブに過ごすことが好きで、港区または中央区在住の40~50代の独り身の男性」といった具合に、詳細を定めるほど、ターゲットに合った集客方法が見えてきます。

2.有用な情報を配信する

顧客に有益な情報を発信することで、サイトのファンになってもらい商品購入を促す、コンテンツマーケティングを意識しましょう。

例えば、ブログを開設したとしても「今日のお昼ご飯」「ファッションコーデ」みたいな自社に関係ない情報ばかり配信していたら、「この会社はいったい何をしたいのだろう」と思われてしまっても仕方がありません。

時にはプライベートな記事もいいですが、もっとお客様が「欲しい!」と思うような情報を提供することが大事です。

ぜひ自身のスキルや知識などみんなが「知りたい」と思うような情報を積極的に配信してみてください。

あなたの発信する情報に興味を持ったユーザーが、未来のお客様になってくれる可能性が高いです。

3.口コミやお客様事例を掲載する

「良い商品ですよ!」とどんなに喧伝したとしても、お客様の声や口コミがなければ、消費者は信用できません。より大勢の方に興味を持ってもらうためにも、口コミを集めましょう。

例えば、SNSなども自分たちの宣伝よりも、何の関係のない消費者の口コミのほうが注目を集めます。

自分たちが「美味しいラーメンですよ」と言っても誰も興味を持ちませんが、有名人などがSNSで「すごくおいしかったです!」と自社のラーメンについて投稿してくれたら、一気にお店に人が集まるようになったという事例はたくさんあります。

またSNSで口コミを見つけた際は、ぜひコメントを返していきましょう。スタッフからお礼のコメントが来ることで、投稿者がよりそのお店のファンになってくれることはよくあります。

逆にネガティブな口コミを見つけたときは、真摯に対応しましょう。
決して感情的になって攻撃してはいけません。誠実に対応することで、お店の印象をより良くしていきましょう。

4.効果検証・改善を行う

Web集客(ネット集客)のための施策をしたら、必ず効果検証・改善を行いましょう。

SNSのアカウントを開設にするにしても、広告を打つにしても、やりっぱなしではいけません。

その投稿や広告をすることで、どのくらい効果があったのか。
どのようなユーザーにどのくらいの規模で伝わったのか。
目標は達成できたのか

など、効果検証していきます。あれこれ色々な方法に手を出してみたものの、効果検証・改善をしなければ、すべて中途半端なままで終わってしまいます。

Web集客(ネット集客)をする際は、必ず目標を立て、達成度を確認する。そしてさらなる目標達成のためにはどこを改善すればいいのか、検討していきましょう。

まとめ

ここでは私がよく理解出来ていないので紹介出来ていませんが、YoutubeやTikTokなどのWeb集客に有効な媒体があります。
これらについては、後日にしっかりと勉強して本記事に追記したいと思っております。

Web集客は基本的な知識がないまま始めても成功しません。

まずはWeb集客について、上記の内容を深堀りした具体的な施策や技術などの知識を学ぶことから始めることが必要です。

しかし、その知識と技術の習得にはかなりの時間と覚悟が必要です。

ご自身で勉強して対応するのも正解。
諦めて当社のようなWeb集客をサポートしている会社に依頼するのも正解。

ご自身のビジネスステージに応じてご検討して頂ければと思います。

Web集客ですぐに成果が欲しい場合はエクセレントへ

Web集客に追われていませんか?

  • 「本業での作業が立て込み時間が取れない」
  • 「自社の能力や知識では今が限界」
  • 「どんな集客方法を試しても上手く行かない」

エクセレントはWeb集客でのお悩みを迅速にサポートいたします。

エクセレントの3つの特徴

【特徴1.】人件費と比べて圧倒的に費用が安い!
月額3.3万円から利用が可能なので大幅に固定費を圧縮できます。

【特徴2.】集客の初心者のアルバイトや正社員を育てる必要が無い
25年のWeb集客の経験があるので、人を育てる時間もそのコストも必要ありません。

【特徴3.】即戦力をすぐに現場に投入できます
契約終了後、即稼働出来るので、人を探す時間も育てる時間もコストもかかりません。

▼関連サービスのご案内
エクセレントのWeb集客マーケティング
エクセレントの完全成果報酬型のSEOサービス

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
メールフォームの内容をご確認頂きまして送信してください。

LINEでのお問い合わせ

お友達登録はこちら
お友達登録をして頂いて
お問合せ内容をトーク画面から送信してください。

SEO対策が得意なホームページ制作会社 株式会社エクセレント

筒井 章年

1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でホームぺージ戦略の立案やマーケティングを担当しています。多くの方に共有させて頂いて、多くの方に成功を実感して頂きたいと考えております。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「使用していない JavaScript の削減」をプラグイン Flying Scripts でスピード解決する方法 

  2. LINEアカウント開設から配信まで【初心者用】わかりやすく駆け足で説明します。

  3. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  4. 検索結果に表示されると自然にクリックしてしまうぺージタイトルに使われている魔法のキーワード24選

  5. マーケティング会社が実践している!?売れるホームぺージの【秘伝】のセルフチェックリスト公開しました

  6. WordPressで外部リンクの前や後ろにアイコンをつけるプラグイン WP External Linksの設定方法

  7. hostsファイルとは?ホスツファイルの編集の仕方とは?(Windows版)

  8. WordPressで改行が上手くできない!反映されない!訳が分からない!そんな時の解決策を教えます。

  9. YouTubeチャンネルの開設方法から動画アップロード方法を解説します。

  10. WordPressのテーマの更新方法教えます。TCDさんのテーマを更新する際の注意点について編

  1. 「使用していない JavaScript の削減」をプラグイン Flying Scripts でスピード解決する方法 

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. 検索結果に表示されると自然にクリックしてしまうぺージタイトルに使われている魔法のキーワード24選

  4. マーケティング会社が実践している!?売れるホームぺージの【秘伝】のセルフチェックリスト公開しました

  5. 売れる商品ページはヘッドラインが8割  売れるヘッドラインの4つのテンプレートパターンと例文を書き出しました。

  6. WordPressの管理画面のユーザー名・パスワードを忘れた時の対処方法

  7. 楽天市場の商品ページを制作する時に使える3つの鉄板テンプレート

  8. XML Sitemap & Google Newsの使い方と設定方法

  9. ホームページの更新は代行業者に依頼すべき。ホームページ更新代行業者を利用するメリットとは?

  10. ホームぺージを更新するという事はSEO対策となりWeb集客の礎となる理由を教えます

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP