ホームページで集客出来ない理由と集客出来ている会社の秘密を徹底解説

ホームページの集客に失敗する確率は60%

ホームページを作成したのに売上につながらない!
このようなお悩みの方は、実にホームページを作成をした中小企業の60%になると言われています。

ホームページを使って集客をしたいと思って、ホームページを作ってみたものの、問い合わせどころかアクセス数もほとんどない。

よくある話です。
実は、売り上げや反響につながっていない会社は「集客できない作り方」をしているのです。
集客できない作り方をしているので、当然ながら売り上げや反響につなげることができません。

ただ、一方でホームページを活用し、売上を伸ばしている中小企業が40%存在しているのも事実です。

ここでは、集客に失敗するホームページ制作、集客に成功するホームページ制作の特徴について説明いたします。

集客で失敗するホームページの特徴

テキスト量が少ない

ホームページを開設したのにアクセスが増えない理由の1つとして考えられるのはテキスト量の少なさです。

テキスト量が全てではないものの、やはり読むに値する情報量がなければホームページに訪れる人は限られてしまいます。
勿論、長文だからアクセスが増えるというわけでもありませんが、少なくとも短文ばかりでテキスト量に乏しいコンテンツの訴求力が小さいのは確かです。

それから内容についても重要で、価値ある質の高い内容のコンテンツを作成することが望ましいです。

アクセスが少なくてテキスト量が少ないと感じたら、量を意識しつつ価値ある内容のコンテンツを高い質で仕上げたいところです。
そうすることでアクセスの増加に期待できますし、訴求力が高まるので次第にユーザーが増えるはずです。

ページ数が少ない

1ページあたりのテキスト量が多くて内容が充実していても、絶対的なページ数が少なければ結果は同様です。
ページ数も読むに値するホームページかどうか、その判断材料になりますから、適度なテキスト量のページを少しでも多く作成したいものです。

ページ数は特に上限はないですし、多ければ多いほど検索エンジンに引っ掛かりやすくなるので、単純にユーザーの増加に期待が持てます。

似たような内容のページを量産するのはNGですが、1つ1つ異なる内容のページを多く作成したり、関連づけるようにするとアクセスの増加に効果的です。

コンテンツの量と質は検索エンジンの評価だったり、アクセス数を左右する鍵を握るのでページを増やすのは正解です。

ターゲットが定まっていない

ホームページにどのようなユーザーが閲覧しにきてほしいのか。
ターゲットが定まっていない会社のホームページは、アクセスが伸びづらいです。

ユーザーが求める情報を提供しましょう、と言われても、そもそもどのようなユーザーが来るかを想定していなかったら、ユーザー本位の情報提供などできません。

また、ターゲットによって、ホームページのデザインやライティングなども変わってきます。
まずはどのような人たちに自社のホームページにアクセスしてもらいたいのか、よく考えてから制作をすべきです。

キーワード対策をしていない

キーワード対策とは、いわゆるSEO対策の1つで、ユーザーがどのようなキーワードを切っ掛けに情報を求めているのかを考えてキーワードを選ぶことです。

キーワード検索を思い浮かべると分かりますが、大抵は単一ではなく複数のキーワードを組み合わせて情報を検索することが多いです。
ただ連想される組み合わせを用いるだけでは駄目で、ユーザーのニーズを捉えつつ、他社と競合しないように対策を行うことが大事です。

一見すると難しそうではありますが、自分が発信したい情報、届けたいユーザーをイメージすると比較的簡単です。
何より無対策なのがNGで、当てずっぽうというか成り行き任せなのが一番良くないですから、本気でアクセスを増やしたいならキーワード対策をすべきです。

スマホ対策をしていない

スマホ対策は今や基本中の基本で、スマホユーザーを捉えて逃さないことに繋がります。
現在はスマホを持っていない人の方が珍しく、パソコンよりもスマホでネットを利用する層が圧倒的です。
つまりスマホユーザーは母数が多いので、スマホでアクセスする人を想定してホームページを作る必要があります。

スマホ対策というのは快適なアクセスやレイアウトに関するもので、ページの表示速度だったり表示が崩れないなどです。
パソコンユーザーしか想定していないと、通信量の配慮なしに大きな画像を貼ってしまいがちですが、こういう無配慮はスマホユーザーを遠ざけます。

そもそも表示の崩れは論外ですから、ページを開いた瞬間に離脱されてしまわないように、端末を問わない柔軟性の高いデザインで表示が崩れないようにしましょう。
SEO的にはズームなしに文字が読めるサイズが設定されているか、誤タップを防ぐ配慮があるかなどが評価されるので注意です。

ホームページの更新が少ない

ホームページは公開して終わりではなく、定期的に更新してこそ安定したアクセスの獲得が実現します。
更新頻度の少ないホームページは、最終更新から時間が経過するに連れて注目度が低下したり、存在感が弱まってしまいます。

当然ながら、更新頻度が週1回と月1回のホームページを比較すれば、前者の方が常に注目されやすいのは明白です。
逆に数年に1度のように、更新される珍しさで注目を集めるホームページもありますが、そのような存在は限られます。

元々コンテンツ量が多く、更新に頼らなくてもアクセスが途絶えないホームページでもなければ、こういった戦略で注目を集めるのは無理です。
基本的には更新頻度を決めて、一定間隔でページを更新したり新しいコンテンツを公開して話題を提供するのが賢明です。

集客が出来るホームページの特徴

目的とペルソナの明確化

集客ができるホームページをどのように作ったら良いかはいろいろな方法がある中で、まず比較的簡単なのが目的を明確にすることです。

誰に向けて何を紹介したいのかを明確にすることが必要です。このときの誰に向けて発信するかを明確にする場合には、ペルソナを意識した方が良いでしょう。
ペルソナとは、ビジネス上では商品やサービスを販売する相手のことを意味しています。ペルソナも幅広くいるわけですが、特定の人物に絞り込むことが閲覧者数を増やすために重要です。

見込み客を惹きつけるコンテンツを作成する

ペルソナを対象にし、しかも見込み客を増やすためにはとにかくコンテンツの中身が重要です。一昔前は、もう少しテクニック的なことが重要と言われていましたが、2012年あたりから少しずつその価値観が変わっていき、最近ではコンテンツを重視しているサイトが増えています。

コンテンツとは、簡単に言えばその記事の中身のことを意味しています。記事の中身が充実しているとは、興味深い内容になっていることや人の目を引くような面白い内容になっていること、あるいはそれを読むことにより勉強になることです。

コンテンツの充実は簡単ではなく、人が同じような文章を既に発信したとすればいくら価値があると考えられるものでも価値はあまりありません。どちらかと言えば、自分自身の経験に基づく内容の方が高い価値がつけられます。

わかりやすさ、使いやすさを重視する

ホームページのコンテンツを重視することや、ペルソナを大事にすることはとても重要です。この点に関しては特に争いがないところです。ただ、この2つがある程度完成されていたとしても、他の部分で減点されていればそれぞれの良さを打ち消してしまいかねません。

例えば、ページの見づらさなどがこれに該当します。トップページがどこなのかわからない場合や、商品を購入したくてもクリックする場所が見つけられない場合は、通常よほど欲しい商品でない限りほとんどの人はページを閉じて他のサイトに行ってしまいます。

実際の店舗で言えば、商品がどこにあるのかわからない場合や、レジに商品を持って行っても誰も店員が出てきてくれないようなイメージと考えておけば良いかもしれません。とにかく、ホームページならば閲覧者にとってわかりやすくそして使いやすくすることが重要です。

最新の情報を発信する

コンテンツを重視するときには、まず最新の情報の発信が重要になります。ホームページを閲覧する人の多くは、とにかく古い情報ではなく最新の情報に注目します。最新の情報を得ることができれば、それだけ有利に商品の購入やサービスを受けることができるからです。

そこで、常に自分のホームページでもあるいは自分の会社のホームページでも最新の情報を発信するように努力しなければいけません。

最新の情報を発信するための手法の1つは、とにかく情報を常に検索していることです。特に国が発表した情報や大手企業が発表した内容に関しては、多くの人が注目しているためそれを掲載すると良いです。商品に関しても同様で、新しい商品が出たときすぐ記事の作成に取り掛かり発表すると良いかもしれません。

ホームページで集客できているか、効果測定をする

閲覧者数は増えてきたけども、なかなか売り上げに結びつかないようなケースもあります。
これはある程度経験をした人ならば1度ぐらいは味わったことがある辛さかもしれません。

閲覧者をある程度確保することができても、集客に結びついていない場合には効果測定をすることが必要です。

効果測定は、現在どのようなページが効果を持っているかを測ることです。
例えば、閲覧者数はブログの解析やホームページの解析をすることにより見ることができますが、人気のページにもかかわらず商品が売れていないとすれば、その商品の紹介方法が悪い可能性があります。あるいは、値段が高過ぎる可能性もあるでしょう。

特に、値段の付け方は難しく、あまり安売りしても次から高く買ってもらえなくなるため薄利多売になってしまいます。適度な値段をつけ、的確にペルソナを絞り込み説明をすることが重要です。

集客に強いホームページを制作するコツ

レスポンシブデザインを採用する

集客力をアップさせたいなら、ホームページを見る側の立場で考えることが重要です。

パソコンやスマートフォンをはじめとして、閲覧に使えるデバイスは多岐にわたります。少なくとも、この2つで見たときは描画の具合が良好でなければなりません。パソコンだけをターゲットにして制作すると、スマートフォンによる閲覧時に描画が崩れやすくなります。その反対も同様なので、それぞれにとって最適な表示を行えるように配慮が必要です。

そこで重要になるのがレスポンシブデザインの採用であり、デバイスごとの仕様を踏まえてホームページを設計してください。制作の段階でる両方のデバイスを用意して、逐一テストを行いながら進めることがポイントになります。

独自ドメインを取得する

独自ドメインの取得も集客に関わる大切なポイントです。

そう言われても、機能的な面で大差はないので、ドメインなんて関係ないと反論する人もいるでしょう。たしかに機能面について特筆すべきことはありませんが、見る人の印象が大きく異なります。

他のドメインを使っている限り、間借りしているような頼りないイメージを与えかねません。
大企業はどこも独自ドメインを持っており、消費者は無意識のうちにそれを基準として判断することもあるのです。つまり、独自ドメインを持っていれば、事業者として立派に営業していると見なされる見込みがあります。他のドメインを使い続けていると、素人のブログと大差がないと思われることもあるので注意しましょう。

SEO対策を施す

集客を増やしていくには、検索エンジンについてよく考える必要があります。商品名などを検索したときに、上位に表示されないと、そこからの流入を見込むのは困難です。そのため、SEO対策をしっかり実施して、少なくとも1ページ目に表示されるように努めなければなりません。

ただし、検索エンジン側は順位の付け方を公表していません。
したがって、一般論とインターネット上の情報を踏まえて、改良を加えて調整することになります。近年になって重視されているのはコンテンツの質です。

以前のように主要ワードを散りばめるだけでは不完全なので、コンテンツとして有用性のあるものを揃えなければなりません。コラムを定期的に更新するなど、読者が興味を持ってくれる内容を充実させましょう。

ユーザーの疑問や不安への回答を提示する

訪れたユーザーは、ホームページに対して疑問や不安を感じることがあります。その次に起こるアクションはそこから去ってしまうことです。よほど欲しい商品などが掲載されていない限り、他店のホームページに流れてしまいます。

それを防ぐために有効なのは、疑問や不安を先読みして回答を用意することです。

すぐに解決できる状態にしておけば、それを確認することで滞在する心境になります。
ホームページの奥まったところに回答を準備しても、苦労して探し出してくれるユーザーはいません。したがって、誰でも分かるところに提示することが大切なポイントです。そして、それを見ても解決できない事態も考慮し、問い合わせを行えるフォームも設置しておきましょう。

無料で出来るホームページへの集客方法

SEO対策

ホームページの閲覧数を増やすためには、SEO対策を確実に行うことが重要なポイントとなります。

SEO対策は検索エンジンの検索順位を上げるために非常に重要なものとなっており、検索キーワードに対する推測方法の充実や、これを利用したコンテンツの内容等がポイントとなる場合が少なくありません。

また最近では独自ドメイン等を効果的に利用した被リンクの数を稼ぐといった方法もよく用いられており、これによって広告宣伝の機会を増やすことも非常に有効なものとなっています。

ただし近年の検索エンジンはそのアルゴリズムが非常に複雑になっており、コンテンツ内の滞留時間なども重要視されるため、その内容の充実を行うことが非常に大切です。

▼関連記事

▼関連サービス
完全成果報酬型 SEO対策

SNS投稿

ホームページの閲覧数向上に有効な方法として、SNS投稿による様々な情報公開が挙げられます。
特に内容を更新した際にその情報をSNSで公開するようにすると、様々な人が目にすることになり閲覧数を増やす効果があります。

最近ではホームページを更新した際に自動的に自分の登録しているアカウントでSNSによる情報発信を行うツールも存在しており、これを利用することで自動的に更新情報を発信することができます。

SNSは多くの人がスマートフォンなどでプッシュ通知を受け取っており、この情報を発信することで更新の情報を知ることができるのが特徴です。そのためホームページを更新する際にはこれを利用することで、多くの人が閲覧するきっかけを生み出すことになります。

プレスリリース配信

ホームページを更新する際に、プレスリリース配信を行うと閲覧数を増やすことができるものとなっています。

近年では様々なニュースサイトなどでいろいろなプレスリリース等の最新情報をまとめて配信しているところが多く、これらのサイトを購読している人にとっては非常に興味深い情報となることが少なくありません。そのためこれにより閲覧数を増やすことができる仕組みとなっています。

ホームページの更新は企業にとって特に大きなイベントではないとプレスリリース配信を行わないことも多いのですが、これではその変化に気づくことができない場合も少なくありません。ホームページの更新を行った場合には逐一プレスリリース配信をすることで、様々な所での情報発信効果を生み出すことになります。

有料で出来るホームページへの集客方法

リスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告と呼ばれることもあるホームページ本体への誘導を行うなどの役割を持たすことができます。

検索エンジンの検索結果ページ内で、ユーザーが検索を行ったキーワードに関連している広告を上位に掲載させてそれに興味を抱きやすくさせるこのようなメリットを持ちます。

リスティング広告では検索エンジン最適化と同様に狙いたいキーワードに対して費用をかけて上位表示させることが可能です。

ディスプレイ広告

ポータルサイトにアクセスをした際に、そのサイト内にある広告枠に表示が行われる画像や動画、テキストなどの広告をディスプレイ広告といいます。

バナー広告やコンテンツ連動型広告と呼ばれることもあるのですが、ディスプレイ広告にはユーザーの好みや趣向などに対し広告を配信することができたり、設定してあるキーワードに関連性を持つサイトに広告を配信できるなどの特徴があります。

そのため、2種類のターゲッティングが可能になる広告といっても・過言ではありません。なお、リスティング広告の場合は購入意欲が高めのユーザーに絞り込むのに対しディスプレイ広告は課題に気が付いていない潜在的なユーザーに対してアプローチができるので広範囲に訴求ができるメリットを持ちます。

SNS広告

TwitterやInstagram、Facebookなどソーシャルネットワーク上に広告を掲載する手法をSNS広告といいます。

最近は、スマートフォンが急増していることからもSNSの利用者数も年々増加傾向を持つ、そのため、SNSユーザーに対して認知度を高めることができるメリットがあります。

ただし、プラットフォームごとに利用する人の属性が異なるため自らのサービスに興味を抱いてくれそうなユーザー数が多いプラとフォームの調査および選定が大切です。さらに、各媒体ごとにターゲットの設定ができる範囲が変わりますので広告を出す前段階として調べておくなど、SNS広告を効果的に利用するためのコツを把握することも重要です。

ホームページの集客方法を選ぶポイント

すぐに問い合わせが欲しい場合

ホームページの集客方法には様々なものがありますが、すぐに問い合わせが欲しい場合はリスティング広告やディスプレイネットワーク広告が有効です。

リスティング広告とは、検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに連動して検索結果に表示される広告を指します。キーワード単位で広告を出稿できるため、ユーザーの興味や関心に基づいたターゲティングが可能です。また、検索結果の上部に表示させることができるため、短期的な集客に非常に有効です。

ディスプレイネットワーク広告とは、検索エンジン系列のWebサイトに表示される広告を指します。ユーザーの属性に基づいたターゲティングや、配信先のサイトごとのターゲティングが可能なので、リスティング広告同様に短期的アプローチとして有効な手法です。

将来的に、安定した問い合わせを獲得したい

将来的に安定した集客を得たいという場合は、SEO対策が有効です。

SEO対策の手法は多岐にわたりますが、まず行うべきなのはターゲットユーザーが検索する可能性が高いキーワードを洗い出すことです。
そして、そのキーワードを使ってユーザーにとって有益なコンテンツを制作することが大切です。

SEO対策の効果が反映されるまでには時間がかかりますが、一度検索上位に表示されれば長期にわたって集客力が維持されます。また、SEO対策は外部委託することも可能ですが、自社で取り組めば無料で実施することが可能です。

とにかく新規アクセスを集めたい(即効性)

即効性がある集客方法を探しているなら、SNS広告やプレスリリースがおすすめです。

SNSの利用者数は年々増加しているため、SNSのプラットフォームに出稿するSNS広告は即効性が期待できる集客方法です。また、SNS広告はターゲティングを細かく設定できるという特徴があります。メインターゲットに絞った広告を配信できるため、コンバージョンに結びつきやすいとされています。

テレビ局や新聞社などのメディアに向けて情報を発信するプレスリリースは、企業の情報発信手段の定番となっていますが、ホームページの集客につながるケースも少なくありません。新商品や新サービスを発表した際にプレスリリースを配信すれば、商品やサービスの認知度が上昇してホームページのアクセス数も増える可能性があります。

まとめ

ホームページ集客を成功させるためには、ホームページを集客できるように制作し運営する必要があります。
集客できるホームページにするには、「目的」と「品質」を設定することが何より重要です。

また、公開してからは放置するのは厳禁!!質の高いコンテンツを追加し、効果測定、改善、更新と、常にブラッシュアップしていきましょう。

ただ、実際にそれを行うには技術・知識・時間・費用などの様々な問題があると思いますが、それを簡単に解決できる方法がございます。

それは・・・・・エクセレントにまるっとお任せ頂く事!!

エクセレントでは、ホームぺージ集客のためのサポートを承っております。
Web集客で困っている方は、お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら
メールフォームの内容をご確認頂きまして送信してください。

LINEでのお問い合わせ

お友達登録はこちら
お友達登録をして頂いて
お問合せ内容をトーク画面から送信してください。

SEO対策によるWeb集客が得意な会社 株式会社エクセレント

筒井 章年

1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でホームぺージ戦略の立案やマーケティングを担当しています。多くの方に共有させて頂いて、多くの方に成功を実感して頂きたいと考えております。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 「使用していない JavaScript の削減」をプラグイン Flying Scripts でスピード解決する方法 

  2. LINEアカウント開設から配信まで【初心者用】わかりやすく駆け足で説明します。

  3. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  4. 検索結果に表示されると自然にクリックしてしまうぺージタイトルに使われている魔法のキーワード24選

  5. マーケティング会社が実践している!?売れるホームぺージの【秘伝】のセルフチェックリスト公開しました

  6. WordPressで外部リンクの前や後ろにアイコンをつけるプラグイン WP External Linksの設定方法

  7. hostsファイルとは?ホスツファイルの編集の仕方とは?(Windows版)

  8. WordPressで改行が上手くできない!反映されない!訳が分からない!そんな時の解決策を教えます。

  9. YouTubeチャンネルの開設方法から動画アップロード方法を解説します。

  10. WordPressのテーマの更新方法教えます。TCDさんのテーマを更新する際の注意点について編

  1. 「使用していない JavaScript の削減」をプラグイン Flying Scripts でスピード解決する方法 

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. 検索結果に表示されると自然にクリックしてしまうぺージタイトルに使われている魔法のキーワード24選

  4. マーケティング会社が実践している!?売れるホームぺージの【秘伝】のセルフチェックリスト公開しました

  5. 売れる商品ページはヘッドラインが8割  売れるヘッドラインの4つのテンプレートパターンと例文を書き出しました。

  6. WordPressの管理画面のユーザー名・パスワードを忘れた時の対処方法

  7. 楽天市場の商品ページを制作する時に使える3つの鉄板テンプレート

  8. XML Sitemap & Google Newsの使い方と設定方法

  9. ホームページの更新は代行業者に依頼すべき。ホームページ更新代行業者を利用するメリットとは?

  10. ホームぺージを更新するという事はSEO対策となりWeb集客の礎となる理由を教えます

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP