【ECサイト運営者 必見】消費行動は「検索」から「回遊」へ Google提唱のパルス型消費行動とは?

集客対策としてお客様に「Instagramを利用しましょう」と提案しても、多くのお客様は「自分が使わないので、実感が無い」という理由で、Instagramを積極的に取り入れようとされないのが実情なのですが・・・。

確かに、、、。
Instagramはイメージ的には20代の女性が積極的に利用しているSNSです。40代以上男性いわゆる、「Google検索世代」がプライベートで積極的に利用するものでは無いので、「イメージがわかない・・・。」・・・・

やむなしです。その心情は私にも理解出来ます。

しかし・・・!
消費行動自体が変わって来てるので、実感があろうが、無かろうが、そういう時代という事を認識して集客を取り組まないといけないタイミングなのです

という記事をお届けいたします。

時代はパルス型消費行動

パルス型消費行動とは、スマホやウェブサイトを見ている途中で突発的に購買意欲が発生し、その瞬間に購入を完了させる消費行動の事です。

スマホで24時間いつでも買い物ができる時代、閲覧しているウェブページや広告が瞬間的に購買意欲を掻き立てて、実際に購入まで至るという昔では考えられなかった新たな消費行動です。

パルス型消費行動における購入の動機や理由を分析すると、多くの人が「なんとなく」という回答がされていることがわかっています。

これまではカスタマージャーニー型

これまでの顧客の消費行動モデルはカスタマージャーニー型と呼ばれる消費行動モデルが主流でした。

それは顧客が商品やブランドを認知して教育して購買に至るまでのプロセスを旅に例え、顧客の行動や心理を可視化したものです。マーケティング戦略はそのフレームワークを元に策定されてきました。

実際に今でもこのカスタマージャーニー型の消費行動はマーケティング戦略の主流ではありますが、それを押し退ける勢いで台頭しているのがパルス型消費行動なのであります。

パルス型消費行動を促す6つのトリガー

セーフティ:安全なものが欲しい

お店の店員や生産者の顔が直接見えないインターネットで商品を買うにあたっては、常に安心な買い物をしたいと考えるため、有名なECサイトやネームバリューのある会社から購入します。

フォー・ミー:自分にあったものが欲しい

ユーザーは数多くあるECショップや商品の中から、一番自分にマッチする商品を選びたいと思っています。そのようなお客様に向けてのメッセージを効率良く配置していく必要があります。

コストセーブ:お得なものが欲しい

ユーザーはできるだけ安価に商品を購入したいと思っています。あなたの商品が他社の商品・サービスに比べてどれだけお得なのかをアピールしていく必要があります。

フォロー:売れているものや、人気者が推奨するものが欲しい

新しい商品や高い商品を購入するとき、レビューや口コミを閲覧し評価の高い商品を購入しようとする傾向があります。顧客やリピーターに対してレビューの投稿を促し、顧客の声を見える化することは重要といえます。

アドベンチャー:知らなかったものやワクワクするものが欲し

商品の購入に至るきっかけとして、新しいものを試してみたい、新商品を買ってみよう、次は別の商品を試してみようというある種のチャレンジ精神のようなものが購入のきっかけになることがあります。

パワーセーブ:楽に買い物がしたい

店舗でしか買えない商品より、ネットショッピングで手軽に買える商品の方が購入されやすい傾向があると考えられます。

反応しやすいトリガーは「セーフティ」と「フォーミー」


 6 つの直感センサー 反応のしやすさ (消費財 + 耐久財)

画像参照 : 消費者が「ピンとくる」6 つの直感センサー:買いたくなるを引き出すために:パルス消費を捉えるヒント

▼関連記事

▼検索方法が変わっている まとめ記事

まとめ

この「回遊」の重要性に気づいているのはGoogleだけではありません。Instagramの「ストーリーズ」「リール動画」や、Facebookの「リール動画」といったショート動画投稿機能も回遊型のコンテンツ視聴手段です。YouTubeも短編動画に特化したをコンテンツをリリースしています。

このようなトレンドが生じている理由のひとつは、「回遊が購買に直結」するという事実が認知されてきたからです。

今回紹介したパルス型消費行動は、これまでの認知、教育、購入のプロセスとは全く違う、「ピンとくる」「何となく」という感情から突発的に発生する消費行動です。

24時間どこでも買い物ができる時代、ユーザーにとってはすべての時間がいい物を見つけて買い物ができる時代、販売者にとってはすべての時間が消費者の購買意欲を発生させるためのチャンスの時間であるといえます。

ユーザーの感受性に訴えかけるマーケティング戦略で、ユーザーを獲得して売上を伸ばしていきましょう。

▼該当サービス

無料相談の流れ

1.お申込み

下記お申込フォームより、お気軽にご連絡ください。

2.日程調整

担当より日程のご連絡をいたします。

3.無料相談

30分程度の相談会を実施いたします。

4.商談

弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービスのご案内をさせて頂きます。

無料相談 ご利用後の流れ

しつこい電話セールスなどは一切いたしません。逆に、弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービス内の詳細についてご案内をさせて頂きます。

ただ、メルマガの登録だけお願いします。
このメルマガでは新サービスの案内やコラムの更新情報のご案内をしております。

メルマガの解除はいつでもできますので、そこだけご理解とご協力をお願いいします。

Web集客の無料相談

▼お申し込みはこちらから
Web集客の無料相談

Web集客の無料相談こちらをクリック

Webで売上を伸ばすためには、
「認知」「集客」「教育」「販売」
このステップが大事です。

しかし、Webで売上を伸ばせていないほとんどのケースは、この4つを正しく理解して運用出来ていません。

例えば、、、

  • あなたのお客様について適切な分析が出来ていない
  • マーケットを正しく分析が出来ていない
  • SNSやブログについて正しい知識が無い
  • Web集客の対策に必要な技術や時間がない
  • 売れる仕組みの確立が出来ていない

この内容は、我々のようなWeb集客の専門業者でも日々情報を集め、何度もテストを繰り返し失敗を重ねながら正解を探している工程です。
その工程を無くして、Webからの売上を伸ばす事が出来るでしょうか?

無理ですよね。

エクセレントでは、Webを利用して売上を伸ばす「認知」「集客」「教育」「販売」このステップについてしっかりとサポートさせて頂きます。

あなたの商品やサービスについて分析し、売上アップ出来るまで伴走型サポートにて対応させて頂きます。

そんな当社の売上アップのための伴走型サポートについてご興味がございましたら、お気軽にお電話・メール・LINEにてご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Instagram運用によるWeb集客が得意な会社 株式会社エクセレント

筒井 章年

Web制作歴25年。1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でWeb集客の立案やコンサルティングを担当しています。集客問題を解決できるノウハウをわかりやすくご紹介いたします!

関連記事

無料相談行っています!!お気軽にご利用ください。
最近の記事 おすすめ記事
  1. Instagram(インスタグラム)の位置情報に自分のお店を載せる方法

  2. Instagramでバズる方法とは? ハッシュタグは重要ではありません。アルゴリズムを解析した真実。【運用者必見です】

  3. Instagram(インスタグラム)のアルゴリズムについての記事をまとめました

  4. バズる投稿をするにはInstagram(インスタグラム)のアルゴリズムを攻略する必要があります。【運用者必見】

  5. Instagram(インスタグラム)の魅力的なプロフィールの書き方を解説します

  6. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 ハッシュタグについてまとめました

  7. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 プロフィールについて

  8. Instagram(インスタグラム)とは?いまさら聞けないInstagramの基礎知識

  9. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 フォロワーを増やす方法について

  10. Instagramで攻略すべきは「発見タブ」。その発見タブについて解説します。

  1. Instagram(インスタグラム)のリール動画の音源を保存して活用する方法

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. Instagram(インスタグラム)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

  4. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

  5. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

  6. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

  7. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

  8. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

  9. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

  10. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP