【2023年版】IT導入補助金でECサイト構築を実現するための具体的な手順とポイント

コロナ渦の影響でオンラインショッピングが急速に普及しており、多くの企業が多くの個人商店がECサイトを開設しています。

しかし、ECサイトを開設するには多くの費用がかかるため、導入に踏み切れない企業も少なくありません。そこで、この記事ではIT導入補助金を活用して費用の負担を軽減してECサイトを開設する方法について解説します。

IT導入補助金を有効活用し、事業を成長させるために必要な情報を得ることができます。ぜひ最後までお読みいただき、成功に向けた一歩を踏み出しましょう!

▼当社でECサイト構築すれば、IT導入補助金申請代行の費用は無料のサービス


IT導入補助金とは

ECサイトの構築費用を補助してくれます

IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者が情報技術を活用するために必要な費用の一部を補助する制度です。

補助金の割合は、金額は350万円 最大で3分の2まで支援されます。
つまり大幅にECサイト開設に必要な費用を削減することができます。

ECサイトを開設するには、商品ページの制作、ショッピングカートの導入、決済システムの導入など、多くの費用が必要となります。また、情報技術を活用するための研修費用やコンサルティング費用なども対象となるため、より効果的な情報技術の導入が可能となります。

IT導入補助金の申請方法と手続きの流れ

申請準備

まずは、自社がIT導入補助金の対象となるかどうかを確認します。その後、必要な書類の準備や申請に必要な情報を収集します。

申請書の提出

申請書は、厚生労働省のウェブサイトからダウンロードし、必要事項を入力した上で提出します。提出方法には、郵送や電子申請がありますが、電子申請の方がスムーズに進められる場合が多いです。

▼参考記事

申請審査

申請書を提出したら、申請審査が行われます。申請内容が適切かどうかや、申請書に不備がないかなどを確認するためです。審査期間は約1か月から2か月ほどかかる場合が多いです。

補助金の交付

申請審査が通った場合は、補助金が交付されます。補助金の交付方法は、指定金融機関への振り込みとなっています。

以上が、IT導入補助金の申請方法と手続きの流れになります。申請には、十分な準備が必要ですので、事前にしっかりと情報を集め、書類を揃えておくことが大切です。

▼参考記事

ECサイトの開設に必要な費用

ページ制作費用

ECサイトを開設するには、トップページや商品ページを制作する必要があります。デザインやコーディング、ライティングなどの専門スキルも必要となり、素人レベルの技術・知識ではプロが制作したそれには太刀打ちが出来ませんので、IT導入補助金を受給出来のであれば、プロに任せるのが最良の選択です。

そして、この費用は制作ボリュームによって、制作会社によって異なります。

どのようなECサイトを作りたいのか?どの程度の予算で作りたいのか?どのくらいの売上を目標としたいのか?などある程度は自分のイメージを固めてからいろいろな人から情報をもらうのが良いと思います。

ちなみに、当社でもECサイト制作のご相談は承っておりますのでお気軽にご相談頂ければと思います。

ドメイン取得費用

ECサイトを開設するには、自分のサイトのアドレスを決めるために、ドメインを取得する必要があります。ドメイン取得費用は、取得する業者やドメインの種類や使用期間によって異なります。

年間1,000円~から取得が出来ますのでそれほど高価なものでありませんが、ビジネスを成長させるためにはとても大事なものですので慎重に考える必要があります。

ショッピングカートの導入費用

ECサイトで商品を販売するためには、ショッピングカート機能を導入する必要があります。ショッピングカートの導入費用は、導入するシステムの種類や機能によって異なります。

こちらの月間の利用料が無料で使用出来るものから、月間10万円ぐらいの費用がかかるものなどいろいろとあります。

売上規模や求めるシステムの精度によって費用は変わってきますので、こちらを選択するにあたっても、どのようなECサイトを作りたいのか?どの程度の予算で作りたいのか?どのくらいの売上を目標としたいのか?など、自分でイメージを固めておく必要があります。

ちなみに、今後ECサイトを作るのであれば、「STORES」がおすすめです!
おすすめの理由は別の記事で紹介しておりますので参考にしてください。

▼参考記事

決済システムの導入費用

ECサイトで商品を販売するためには、決済システムを導入する必要があります。決済システムの導入費用は、導入するシステムの種類や機能によって異なります。

利用料金としては売上代金の3.5%を平均として利用出来ます。
月額費用については必要なところとそうでないところがありますので、そのあたりは確認する必要があります。

集客費用

ECサイトを開設しただけでは、商品を売ることができません。
集客のためには、広告費用やSEO対策費用なども必要となります。集客費用は、広告媒体や対策内容によって異なります。

2023年の規定では広告費用は補助の対象にはなりませんが、SEO対策費用は対象になります。
この点も加味して申請予算を検討すべきです。

▼参考記事

IT導入補助金を活用するメリットとデメリット

メリット

・費用の一部が補助されるため、ECサイト構築にかかる費用を抑えることができる。
・ECサイト構築に関する知識や技術を持たない事業者でも、専門業者に依頼することができるため、ECサイト構築の敷居が下がる。
・ECサイト構築によって新たな顧客層を獲得することができ、ビジネスの拡大が見込める。

デメリット

・補助金の対象となる費用が限定されているため、自由度が低い。
・申請手続きや書類の作成に時間がかかるため、手間がかかる。
・補助金の申請が不採択になる可能性もあるため、補助金に頼ってしまうことによる依存度の高さが問題となる場合もある。

IT導入補助金を活用してECサイトを開設する手順

ECサイトを構築する

補助金の申請は、ECサイトの構築が必要となります。
構築はIT導入補助金の申請をして審査を通過してからの契約したもののみが有効です。完成も当然に審査通過後の案件が対象となりますのでご注意ください。

補助金の申請書類を用意する

補助金を申請する際には、申請書類が必要となります。
申請書類の内容や必要な書類は、補助金制度によって異なります。また、申請書類の提出期限や方法にも注意が必要です。

▼当社にECサイト構築すれば、IT導入補助金申請代行の費用は無料のサービス

審査を受ける

申請書類を提出した後は、補助金の審査が行われます。
審査には時間がかかることがありますので、余裕をもって申請することが大切です。また、審査で不備があった場合は、指摘事項を修正して再提出する必要があります。

補助金を受け取る

審査が通った場合は、補助金が受け取れるようになります。補助金の受け取り方法や時期などは、制度によって異なります。

IT導入補助金を受けるための条件

補助金利用後の目的や計画

補助金の利用後、どのような成果を上げることができるのか、また、将来的な計画や目標を設定することが求められる場合があります。補助金を受けた後の事業計画や報告書の提出が必要な制度もあります。

補助金を受け取る際の責務

補助金を受け取る場合、遵守しなければならない責務がある場合があります。例えば、受け取った補助金を不正に使用した場合、返還や違反罰則が課せられることがあります。

ECサイト開設における注意点

法的な規制に注意すること

ECサイトを開設する場合、特定商取引法や個人情報保護法などの法的な規制に適合する必要があります。違反すると、法的な罰則が課せられることがあるため、十分な注意が必要です。

セキュリティ対策を徹底すること

ECサイトは、個人情報やクレジットカード情報などの重要な情報を扱うため、サイバー攻撃や不正アクセスなどのリスクがあります。そのため、セキュリティ対策を徹底することが必要です。SSL証明書の導入やパスワードの強化、システムの定期的な更新などが挙げられます。

顧客サポート体制を整備すること

ECサイトを開設すると、顧客からの問い合わせやトラブルが発生することがあります。そのため、顧客サポート体制を整備することが必要です。適切な問い合わせ窓口の設置や、商品の返品・交換に関する方針の策定などが挙げられます。

マーケティング戦略を練ること

ECサイトの開設だけではなく、集客や販促活動を行うことが必要です。マーケティング戦略を練り、SNSや広告などを活用して、ターゲットとする顧客層に訴求することが大切です。

まとめ

IT導入補助金を利用してECサイトを構築する方法について解説致しました。

IT導入補助金については今年で終了するという噂のある補助金なので導入を検討されているのであれば、早めに決断する必要があります。

いや、この時代ECサイトを利用せずにビジネスをするなんてありえないです!!
今悩んでいるという事は、必要だと思われているからだと思います。

何故、出店を悩まれるのですか??

その悩み当社にご相談ください。

必ず、ベストアンサーをお届けいたします!!

お申込は下記フォームからお気軽にどうぞ!!



Web集客の無料相談

Webで売上を伸ばすためには、
「認知」「集客」「教育」「販売」
このステップが大事です。

しかし、Webで売上を伸ばせていないほとんどのケースは、この4つを正しく理解して運用出来ていません。

例えば、、、

  • あなたのお客様について適切な分析が出来ていない
  • マーケットを正しく分析が出来ていない
  • SNSやブログについて正しい知識が無い
  • Web集客の対策に必要な技術や時間がない
  • 売れる仕組みの確立が出来ていない

この内容は、我々のようなWeb集客の専門業者でも日々情報を集め、何度もテストを繰り返し失敗を重ねながら正解を探している工程です。
その工程を無くして、Webからの売上を伸ばす事が出来るでしょうか?

無理ですよね。

エクセレントでは、Webを利用して売上を伸ばす「認知」「集客」「教育」「販売」このステップについてしっかりとサポートさせて頂きます。

あなたの商品やサービスについて分析し、売上アップ出来るまで伴走型サポートにて対応させて頂きます。

そんな当社の売上アップのための伴走型サポートについてご興味がございましたら、お気軽にお電話・メール・LINEにてご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Instagram運用によるWeb集客が得意な会社 株式会社エクセレント

筒井 章年

Web制作歴25年。1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でWeb集客の立案やコンサルティングを担当しています。集客問題を解決できるノウハウをわかりやすくご紹介いたします!

関連記事

Instagram位置情報設定代行サービス 場所を追加
最近の記事 おすすめ記事
  1. 地方ビジネスオーナーのための効果的なWeb集客ステップバイステップガイド

  2. 未編集 集客増に直結するデータ分析の活用法と具体策

  3. デジタルマーケティングとは?デジタル時代の勝者になるためのデジタルマーケティング完全ガイド

  4. Instagram集客の費用はいくら?自社でできる費用対効果の高い方法とは

  5. 来店者が減少し売上が落ち込んでいる時にデジタルマーケティングを利用する具体策

  6. 定期購入者を増やすためのメールマガジン活用法

  7. イベントの告知で集客力が見込めるInstagramの活用法

  8. 地域の顧客を呼び込むための実店舗とInstagramとの連携術

  9. 集客上手な競合店のInstagramを分析し自社の集客に生かす方法

  10. ホームぺージのアクセスが思うように増えない時の5つの対策

  1. Instagram(インスタグラム)のリール動画の音源を保存して活用する方法

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. Instagram(インスタグラム)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

  4. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

  5. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

  6. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

  7. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

  8. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

  9. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

  10. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP