店舗のインスタグラムで集客を成功させるにはどのような投稿すれば良いか解説します

インスタグラム(Instagram)で集客をしたいけれど「何を投稿すればいいのか分からない」「インスタの効果的な使い方を知りたい」と思っている飲食店オーナーの方も多いのではないでしょうか?

飲食店におけるSNSでの集客は今や対策が欠かせないものになっていて、中でもインスタグラムはユーザーが目的地を決めるときに利用する可能性が高いツールです。

そこでこの記事では、飲食店が行うべきインスタグラムの効果的な使い方について、SNS初心者の方でも分かりやすくご紹介します。

この記事を参考にしていただければ、インスタグラムの活用方法から成功事例までバッチリ確認でき、きっとご自身のお店にピッタリのアピール方法が見つかるはずです。

インスタ映えするフォトジェニックな写真・動画と親切な情報発信をする

店舗の投稿した画像は猫も杓子もインスタ映え、と言いたくなるほど日々インスタ映えを狙ってフォトジェニックな投稿をしています。

インスタグラムでは「クオリティの高い写真や動画」が大前提です。いくら店のサービスが良くても、クオリティの低い写真が投稿されていてはユーザーには伝わりません。

反対に、インスタ映えすれば集客が伸びやすいことは事実なので、インスタ映えを狙ったフォトジェニックな商品を用意して話題性を生むことは王道かつ重要な戦略となります。

加えて、ユーザーに親切な情報も発信していきましょう。

例えば

  • 店舗へのアクセス
  • 商品の価格
  • 商品のおすすめの使い方
  • 空いている時間帯
  • 営業日・営業時間

など、消費者が知って得する情報を積極的に発信することで「親切な店舗だな」と感じてもらいやすくなり、親密度も増していきます。

クオリティの高い写真や動画を「継続的に」投稿する

クオリティの高い投稿は一度くらいなら頑張ってできます。

しかし、ユーザーが求めているのは高クオリティな写真や動画を「継続的に」楽しむことです。

一度素晴らしい写真や動画を投稿しても、その後更新されなければインスタグラムのアカウントは誰からも見られなくなります。

かといって、低クオリティな投稿を毎日してもファンはつきません。

投稿の品質と頻度のバランスは非常に難しい部分ではありますが、「ハイクオリティな写真や動画」を「一定の頻度」で投稿できるように工夫して、ファンを飽きさせないようにしましょう。

店舗内にインスタグラムのアカウントのQRコードやネームタグを載せておく

インスタグラムから店舗について知ってもらうことは重要ですが、店舗に来てくれたお客さんにインスタグラムのことを知ってもらうのも重要です。

まずは店舗に来てくれたお客さんがお店のインスタグラムのアカウントの存在をわかるようにしておきましょう。

飲食店なら各テーブルにアカウントのQRコードやネームタグを置いたり、ファッションショップならレジの会計時に「クーポンも定期的に配布してますのでフォローお願いします」のように宣伝します。

興味を持ってくれたお客さんはアカウントをフォローしてくれるようになり、インスタグラムから店舗の情報を受け取り、リピーターとなる可能性が高くなります。

店舗専用のハッシュタグを用意しておく

現代ではGoogleやYahoo!といった検索エンジンではなく、インスタグラムのハッシュタグ検索を利用して気に入った商品を見つけるユーザーが増えています。そのため、ハッシュタグ経由で自分の店舗の写真や動画投稿を見てもらうことも重要な戦略となります。

このとき、オリジナルのハッシュタグを作っておくことで、ユーザーの検索性が上がり、店舗のインスタグラムアカウントを見つけてもらいやすくなります。

オリジナルハッシュタグの作り方ですが、店舗名、地域名、看板商品名、などを組合せてハッシュタグ化するのがよいでしょう。

たとえば、店舗名+地域名なら「#●●カフェ東京」「#●●ショップ大阪店」のようにハッシュタグ一つで店舗を特定できるとユーザーにとっても親切です。

店に来てくれたお客さんにそのハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿するように促すことで2次拡散も狙うことができます。

ただし、あまり長くて難しいハッシュタグを作っても、検索性が悪くなったり、投稿に付けるのが面倒になり好まれないケースもあります。シンプルにわかりやすいオリジナルハッシュタグを作るようにしましょう。

フォトスポットをつくる

店のロゴ看板、ネオン色、大きなデザイン、などいろいろ考えられますが、お客さんが写真を撮りたくなるようなスポットを用意すると話題性を生みやすくなるので検討してみましょう。

店の商品やサービスを目的として訪れる人はもちろんいますが、「可愛い雰囲気やカッコいい雰囲気の店で買い物する」という体験を目的として店舗を訪れる人も多くいます。

さらに、「フォトスポットで写真を撮ってくれた人には試供品プレゼント」といったサービスを組み合わせることで、お客さんにメリットが生まれてより話題になりやすくするという戦略も可能です。

店のオリジナルハッシュタグとあわせて写真をインスタグラムにアップする人が増えるので、拡散されやすくなるため強力に拡散されるでしょう。

キャンペーンの実施やその告知をする

インスタグラムのアカウントをフォローしてもらえても、ユーザーにとって何かしらメリットのある情報を配信しなければユーザーは離れて行ってしまいます。

写真や動画のメリットとしてはオシャレ、面白い、などがありますが、もっとも簡単かつ効果的なのはキャンペーンの実施やその告知です。

インスタグラムの投稿を使ってクーポンを配布すればユーザーにとってダイレクトなメリットとなります。

定期的にお得な情報を配信しユーザーの心を逃さず、興味関心を引き出し、集客に結びつけましょう。

コメントは丁寧に対応。お客さんとのコミュニケーションを大切に

インスタグラムの投稿にお客さんがコメントしてくれたら、丁寧に対応しましょう。

コメントは店頭での質問と同じであり、丁寧に対応することでお客さんにも満足してもらえ、またそのやり取りを見た他のお客さんの悩みも解決できるようになります。

コメントをくれるお客さんは一番集客に結びつきやすいと言っても過言ではないので、ぜひ大切にしましょう。

ちなみに、クレームなどのネガティブなコメントに対しては真摯に向き合い回答することで顧客満足度を高めることにつなげることができます。

クレームは店舗のサービス向上のヒントとなりますから、喧嘩腰で対応するのではなく、今後改善するように丁寧に向き合い、また店舗に来ていただけるように努力していきましょう。

写真の世界観を統一する

たとえば、飲食店の投稿を見ているユーザーは食べ物の写真を見たいと思っている可能性が高いです。

にも関わらず、たとえば、アカウントオーナーの趣味がラグビーだからといってラグビーの写真を多分に含んでいると、ユーザーは「ラグビーではなく食べ物の写真が見たいんだけどな・・・」と期待を裏切られ、ファンが離れていってしまいます。

「自分の店舗について知ってもらいたい」のか「自分の趣味を見てもらいたい」のか、目的(=世界観)をはっきりさせることが大切です。

インスタグラムでは複数のアカウントを作っても問題ありませんので、店舗のアカウントと個人のアカウントをそれぞれ作って運用するのがよいでしょう。

ただし、ラグビー居酒屋など店のコンセプトに趣味が含まれている場合、食べ物とラグビーの写真を投稿する、という方針で運営しても問題ありません。

飲食店だから絶対に食べ物以外の写真を投稿してはいけないわけではありませんが、コンセプトから外れた写真は避けた方が無難です。

まとめ

いかがでしたか。

インスタグラムアカウントは店舗とブランドの一つの入り口であり顔となります。

魅力的な投稿の多いアカウントには多くの人の目に触れ、興味を持ってもらえて、来店につながります。

店舗の集客成功、失敗はインスタグラムの使い方に左右されます。

まずはインスタグラムの登録やプロフィール設定といった基本を押さえ、それができたら積極的に集客のためのノウハウを実践していきましょう。

インスタ集客はエクセレントにお任せ

インスタ集客は、初めて行うのは、ほんとに難しいです。困難しかないです。
下記にInstagramの運用を始める前に知っておくべき基礎知識についてまとめていますので是非参考にしてください。

▼関連記事

▼該当サービス

驚きのサポート内容のImstagram(インスタ)運用代行プラン サービス開始いたします。

無料相談の流れ

1.お申込み

下記お申込フォームより、お気軽にご連絡ください。

2.日程調整

担当より日程のご連絡をいたします。

3.無料相談

30分程度の相談会を実施いたします。

4.商談

弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービスのご案内をさせて頂きます。

無料相談 ご利用後の流れ

しつこい電話セールスなどは一切いたしません。逆に、弊社サービスをご検討頂ける場合には、お見積もりやサービス内の詳細についてご案内をさせて頂きます。

ただ、メルマガの登録だけお願いします。
このメルマガでは新サービスの案内やコラムの更新情報のご案内をしております。

メルマガの解除はいつでもできますので、そこだけご理解とご協力をお願いいします。

Web集客の無料相談

▼お申し込みはこちらから
Web集客の無料相談

Web集客の無料相談こちらをクリック

Webで売上を伸ばすためには、
「認知」「集客」「教育」「販売」
このステップが大事です。

しかし、Webで売上を伸ばせていないほとんどのケースは、この4つを正しく理解して運用出来ていません。

例えば、、、

  • あなたのお客様について適切な分析が出来ていない
  • マーケットを正しく分析が出来ていない
  • SNSやブログについて正しい知識が無い
  • Web集客の対策に必要な技術や時間がない
  • 売れる仕組みの確立が出来ていない

この内容は、我々のようなWeb集客の専門業者でも日々情報を集め、何度もテストを繰り返し失敗を重ねながら正解を探している工程です。
その工程を無くして、Webからの売上を伸ばす事が出来るでしょうか?

無理ですよね。

エクセレントでは、Webを利用して売上を伸ばす「認知」「集客」「教育」「販売」このステップについてしっかりとサポートさせて頂きます。

あなたの商品やサービスについて分析し、売上アップ出来るまで伴走型サポートにて対応させて頂きます。

そんな当社の売上アップのための伴走型サポートについてご興味がございましたら、お気軽にお電話・メール・LINEにてご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Instagram運用によるWeb集客が得意な会社 株式会社エクセレント

筒井 章年

Web制作歴25年。1,000サイト以上のWeb集客のサポート経験を持つ。 その経験で得た知識や経験でWeb集客の立案やコンサルティングを担当しています。集客問題を解決できるノウハウをわかりやすくご紹介いたします!

関連記事

無料相談行っています!!お気軽にご利用ください。
最近の記事 おすすめ記事
  1. Instagram(インスタグラム)の魅力的なプロフィールの書き方を解説します

  2. Instagram(インスタグラム)まとめ記事 プロフィールについて

  3. Instagram(インスタグラム)とは?いまさら聞けないInstagramの基礎知識

  4. あなたのビジネスをインスタ集客×ブログ接客で売上を3倍にする方法

  5. インスタグラム(Instagram) まとめ記事 業種別 インスタグラム運用の参考になるアカウントを紹介します

  6. Instagramのショッピング機能(Shop Now)の審査が通らない原因や再審査方法を紹介します。

  7. Instagram(インスタグラム)インスタショップ-Shop Now-の設定方法 【2022年最新版】

  8. インスタグラム(Instagram) まとめ記事 ストーリーズ投稿動画とは? ストーリーズ投稿についての基礎知識を解説します

  9. インスタグラム(Instagram) まとめ記事 リール動画とは? リール動画についての基礎知識を解説します

  10. インスタグラムマーケティングとは?Instagram運用に向いている企業と向いていない企業

  1. Instagram(インスタ)のリールの音源を保存して活用する方法

  2. Instagramのリール動画やTicktockやYoutubeのショート動画にたくさんの会社が力を入れている理由

  3. Instagram(インスタグラム)で集客を始める時に知っておくべき集客のコツ12選

  4. 初心者が知っておくべき基本的なSEO対策とは?上位表示に必要なやり方・方法について解説します。

  5. 検索意図とは?SEO対策で重要な調べ方と考え方を解説します。

  6. ホームページが検索結果に表示されない時の原因と対処方法を徹底解説!

  7. 【2022年版】Web集客の種類とその方法を集客にお困りのあなたに分かりやすく解説します

  8. SEO対策の内製化を積極的に取組んでいる中小企業の多くは自社でするSEO対策に迷走している。

  9. 売れているホームぺージ = 集客型ホームぺージに共通しているぺージ構成の法則

  10. これを見れば完璧!Google Maps API 取得方法をご紹介します。

資料を無料ダウンロード

弊社の会社概要と、ご提供サービスのご紹介資料です。
ご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

TOP