fbpx

商品ページデザインが素敵な店舗さん10選

楽天市場の運営情報

こんにちは。
夜中に目が覚めたと思ったら鼻水がタラリ。強烈な花粉症に悩まされている弓取です。
今年は薬を飲むことを覚えました。

ところで、楽天市場には約2億点の商品があるそうです。


その全部をチェックするのは難しいですが、私なりに素敵な商品ページを10点選んでみました。

U-STREAM

U-STREAM
http://item.rakuten.co.jp/u-stream/pg-fc/
メンズ腕時計の商品ページです。
幅いっぱい使っていて、読み込みに多少時間がかかりますが圧倒的な迫力です。
女性の私が見てもカッコ良くて、贈り物にしたら喜ばれるかな?と想像するほどです。
お値段以上に見えますね!

TRANSIC

TRANSIC
http://item.rakuten.co.jp/auc-goldmen/w-gw109/
メンズ長財布のページです。
パララックスといわれる手法が使われていてスクロールで次々に画像が切り替わります。
バッグのページではコーディネートの色をシュミレーションできる部分もありいろいろと工夫されている店舗さんです。

fine

fine
http://item.rakuten.co.jp/fine-flower/ag122/
和な雰囲気のプリザーブドフラワーの商品ページです。
縦書きがおしゃれです。背景の黒に鮮やかな花が映えます。
どんな状態で届くかの詳細もわかるので贈り物にも安心ですね。
これ以外の商品ページもきれいです。

タマチャンショップ

タマチャンショップ
http://item.rakuten.co.jp/kyunan/tama-mathers-smoothie/
素敵な店舗デザインの記事でも紹介した店舗さんですが、商品ページも真似したがる店舗さんが続出しています。
かすれたり毛羽立ったりといったアナログ感が魅力的です。
まだ購入したことはないですが、一度利用してみたい店舗さんです。

SALONIA

SALONIA
http://item.rakuten.co.jp/kobe-beauty-labo/main-salo6/
ストレートアイロンの商品ページです。
楽天ランキングの常連さんですね。
シンプルなページですが、微妙なグラデーション使いが素敵です。
使用する色数が少なく、きれいにまとまっています。

Natural Healthy Standard.

Natural Healthy Standard.
http://item.rakuten.co.jp/tenderly/ten-chia-01/
チアシードの商品ページです。
上で紹介したページと似ていると思ったら同じ会社が運営しているんですね。
パッケージのクラフトの色とグリーンがマッチしています。

マダムシンコ

"マダムシンコ
http://item.rakuten.co.jp/madame1214/baumburyure-m-01/
バームクーヘンの商品ページです。
初めて見たときはスイーツジャンルでこの配色とヒョウ柄!と驚きました。
メイン画像のイメージカットが魅力的で、ページ幅も大きくなってますます美味しそうです。

家具通販のロウヤ

家具通販のロウヤ
http://item.rakuten.co.jp/low-ya/vg-sirius/
イスのページですが、圧倒的な情報量です。
これだけ説明してもらえたら安心して買えます。メイン画像がカッコイイですね。
別の商品ですが、この店舗さんの商品が自宅にあります。
徐々にすっきり系のデザインに移行されているみたいです。

Sommelier@Gift

Sommelier@Gift
http://item.rakuten.co.jp/bellevie-harima/10013190/
カタログギフトの商品ページです。
贈り物として必要な情報はしっかり記載されているし、ほかの商品も写真がきれいで安心感があります。
お祝いの内祝い等で何度か利用させてもらいました。

島の人 礼文島の四季

島の人 礼文島の四季
http://item.rakuten.co.jp/rebun/c/0000000942/
ウニの商品ページですが、商品ロゴがモダンでおしゃれです。
ページ内の空とカモメと海が合成された部分がきれいでうっとりします。
ウニはあまり食べたことがないですが、美味しそうと感じる写真です。

商品ページに力を入れている店舗さんはもっとあったイメージなのですが、いざ探してみると思いのほか見つかりませんでした。

ページ幅いっぱいに見せるやり方が流行っているようですね。
まとめているうちにいろいろと勉強になりました。

普段はPhotoshopでバナーやページを作っています。イラストや動画制作ももっと頑張りたいです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧