fbpx

楽天市場出店のメリットとデメリット

2021年7月19日

楽天市場への出店を考えているけど、出店のメリットやデメリット、注意点とは何か?

初めて楽天市場を利用しようと考えている人は、気になっていると思います。 ここでは、楽天市場初心者向けに、楽天市場への出店とは、実際どのようなものなのかについてお伝えします。

楽天市場への出店するメリット

楽天市場に出店するメリットを紹介します。

1.利用者が多いため、集客しやすい

楽天会員ID数は1億1,980万以上(楽天グループ株式会社「2020年度通期及び第4四半期決算説明会資料」より)。 それだけ多くの会員向けに商売ができる。これが、大きなメリットとなります。

楽天の会員数は増加傾向にあり、その規模は国内のECモール最大級です。 国内のインターネット通販においても、高いシェアを誇っています。

そのため、ネットショップ運営初心者でも、最初からある程度の集客を期待できます。


2.楽天独自の売上アップのためのノウハウを提供

毎月2回開催されるお買い物マラソンや年4回開催されるスーパーセールなど、楽天独自のキャンペーンを打ち出しています。 これらのキャンペーンに参加することで、通常よりもさらなる売上アップが期待できます。

また楽天会員はアンケートに回答することでもポイントを貯めることができ、「気づいたらポイントが貯まっていた」とちょくちょく買い物に訪れるユーザーも少なくありません。

自社では、どのように売上アップすればいいか分からないときも、楽天のECコンサルタントや楽天独自の仕組みなどを利用することで、さらなる集客を見込めます。

楽天市場への出店するデメリット

楽天市場への出店のデメリットをお伝えします。

1.店舗開設・運営に手間がかかる

楽天はセキュリティや仕組みなどが整っている分、店舗開設や運営に手間がかかるのも特徴です。 商品登録などのシステムやサポートも充実していますが、初めてネットショッピングを開設する人からしてみれば、「こんなに大変なの~」とため息をついてしまうかもしれません。

しかし手間をかけるほど売上アップにつながるのも事実。 始める際は、心して取りかかるようにしましょう。

2.プロモーションなどに制限がある

楽天市場では流出を防ぐため、お客様の個人情報のダウンロードができません。 その点に不満を持つ人もいます。

楽天市場の場合、一つのショップで個人情報漏洩などが発覚してしまうと、楽天市場全体に影響を及ぼしています。 そのため、持ち出しなどをできないようにされています。

ただし、当然のことながら、発送やマーケティングのため個人情報を画面上で閲覧することは可能です。

出店における注意点

楽天市場に出店する際の注意点をお伝えします。

1.出店料以外にも費用がかかることがある

楽天の出店料は他社より高額なことで有名。 それ以外にも、さらなる費用負担が発生することもあります。

例えばページデザインの作成。 楽天は「個人でできる」と言ってはいるものの、やはりプロが手がけたページと素人が行ったものの違いは一目瞭然。 クオリティの高いサイトは自然と集客もしやすくなり、売上アップにつながります。

逆に、サイトの質が低いと、ユーザビリティにも関わってきて、お客様もおのずと離脱しやすくなるでしょう。

そのため、サイト制作を外注しようとすると、さらに初期費用として20万~30万円程度かかる可能性が出てきます。 また送料を無料にすると、運送会社に送料分の支払いもしなくてはなりません。

ほかにもオプションなど、さまざまな費用負担が発生する可能性があることを知っておきましょう。



2.ユーザーが多いからといって必ず売れるとは限らない

楽天市場は、確かに国内最大級のECモールです。 人通りの多いところに店舗を建てるのと同じで、集客力のあるサイトに登録するのはメリットとなります。

しかし立地さえよければすべての店舗が成功できるわけではありません。 とくに開店当初は、アクセス数を増やしたり、レビューを書き込んでもらったりするなど、さまざまな施策を行う必要があります。

楽天に開設したからといって、黙っていても勝手に売れる、と思い込まないようにしましょう。



楽天市場への出店方法と費用

この記事では、楽天市場の出店方法と費用について紹介しております。 「楽天市場に出店したら、月額どのくらいかかるの?」「そもそも出店するには、何をしなくてはならない?」などさまざまな疑問があると思います。 これから楽天市場への出店を考えている方は、ぜひご一読ください。

楽天市場への出店方法と費用

楽天市場の出店はメリット・デメリットを知ってからにしよう

楽天市場への出店のメリット・デメリット、注意点を紹介しました。 楽天は国内最大級のECモールですが、集客力もある分、規制が厳しかったり、手間・コストがかかったりするなどデメリットもあります。 これらを知ったうえで、楽天市場に出店するかどうかを決定していきましょう。

エクセレントでは、web集客のための広告運用代行やホームページ制作、ヤフー・楽天の商品ページ制作の代行を承っております。 2000店舗の制作実績や、お役様一人一人と真剣に向き合った対応を心がけております。 web集客で困っている方は、お気軽にお問い合わせください。

web集客サポートと商品ページ制作代行ならエクセレント