fbpx

オリジナル商品は縦長のランディングページでないと売れません。

Yahoo!ショッピングの運営情報, 楽天市場の運営情報

オリジナル商品はネットでは売れにくい

beafの法則

実店舗では、人気のバカ売れ商品なのに、なぜネットでは思うように売れないんだろう??
というケースを良くお聞きします。

それはなぜか??理由は単純です。

その商品のことを知らないから・・・

ブランド商品はみんな知っていて、いつかは買いたいなと認知されているから、少し安いとか、誰かが買ったとか、在庫残りわずか!! となったときに、消費者の購入スイッチが入って購入に至るわけですが、、、、

それが全然知らない商品であれば、たとえある地域で、とても商品でも、激安でも、在庫が品薄になって、もう購入出来ない状態になる事が予測される場合でも、消費者の購入スイッチは「OFF」のままなので購入に至りません。

商品に興味を持ってもらう為には説明の順番が大事

テレビショッピングをよく見ていると、「あーーーこれ欲しいな・・・・」と思う時って結構ありますよね?

それもこれも、あの演出が上手過ぎて、それに心を操られているわけですが、 あの、「話す順番」「話す内容」のチョイスのうまさはさすがプロ~!!と唸ってしまいます。

そのテレビショッピングを見るまで全然知らない商品でも、テレビショッピングで展開されている話術にかかれば・・・
いつの間にか・・・

欲しいな、、、電話しようかな、、、、どうしようかな、、、、

という心理状態になります。
そして、そんな感じの状態の時に、グサッ! と刺さるキーワードが飛んで来たら、「もうこの商品を買うしかないという」逃れ様の無い感じになりますよね・・・・

お客様が欲しいとされている情報を、心に揺さぶりをかけれる言葉で、効果的な順番で話をされるからそうなるのです。

説明の順番が大事です。

BEAFの法則

beafの法則

この法則が数々ある売れる順番の法則の中で、当社が制作する商品販売用の縦長の商品ページでは効果があります!

1.Benefit【お客様の購入メリット】
2.Evidence【その商品が凄いという根拠】
3.Advantage【競合商品との優位性】
4.Feature【その商品の特徴】

この4つの要素を順番に並べていきます。
構成要素それぞれの頭文字を取って「BEAFの法則」と呼びます。
そう、「牛さん」の法則です。

1.Benefit【お客様の購入メリット】

ファーストビューでお客様の購入メリットを伝え、ユーザーの関心を引く

同じ商品でも、客層によって商品を購入する理由は様々です。
ある程度、ふんわりとしたターゲットにて広範囲に響くコピーを考えたいところですが、
年齢・性別・購入目的をしっかりと設定した状態で、購入メリットを提示した方が、反応率は上がりますので しっかりとターゲットは絞り込みます。

ターゲットを設定したら、そのターゲットが求めていそうな「メリット」を出来るだけ多く考え、書出します。
その書き出したメリットの中から、「これだ!」というメリットをメインコピーに使用して、ファーストビューでわかりやすくアピールします。

2.Evidence【その商品が凄いという根拠】

人気がある商品だという証拠を開示して、購入メリットを高める
マスコミで紹介された実績、購入客から頂いたコメント、実店舗の評判、商品累計販売数、受賞歴などの情報を開示して、いろいろな人から、評価を頂いている商品です。という安心感を見込み客に与えて、購入前の不安を取り除きます。

3.Advantage【競合商品との優位性】

競合他社の商品と比べて、この商品はどうなんだということを説明します。
「自分の商品には、そんな競合優位性はない」と思う人も多くいますが、オンリーワン、ナンバーワンに固執せず、他社との違いに固執せず、「純粋にその商品の良さ」に向き合い、考えることによって優位性が浮き出てきます。

4.Feature【その商品の特徴】

縦長商品ページを上から読み進めてきたユーザーは、Benefit(購入メリット)や、Evidence(証拠)、Advantage(競合優位性)までを確認して、購入するのか、購入せずに他の商品を探すのかを決断する最終段階に入ります。

その最終段階として、商品のFeature(その商品の特徴)サイズや材料など細かい情報を確認して、実際に購入して問題がないかどうかを確認します。

出来るだけ、詳しく情報を開示してイメージを伝わりやすくする事が大事です。

だから、商品ページは縦長になります

見込み客に納得して頂いて購入してもらうためには、上記のようなセールスプロセスを踏むことが重要です。

見込み客は商品を購入することで、騙されたくないですし、損をしたくありません。
自分自身が納得しないと購入が出来ません。

それがゆえに、商品情報を効率よく説明するために、法則に従って順番に制作していく必要があります。
テレビショッピング同様に、消費者を引き付けて、納得して購入して頂ける可能性が高い、説明の順番・内容で説明する必要があります。

したがいまして、商品ページは縦長タイプを選択することをおススメします。

難しいことはエクセレントにお任せ

ランディングページ制作

綺麗な画像、心に刺さるコピー、消費者心理をくすぐる構成、最後の一押し・・・etc。
今まで出来ていなかった事も、分からなかった事も、エクセレントはお気軽に相談頂ければ、ベストな提案で対応致します。

7月31日までのご注文は30,000円OFF

今まで自分で編集して来たとか、他社にお願いしていたので、初めて知った会社に頼むのは、やはり勇気がいりますよね。
そのようなお客様の為に、7月31日までご発注頂きました案件についてはなんと!30,000円引き!!にて対応致します。
お得なこの機会に是非、ご検討くださいませ。

エクセレントの商品ページ制作

ご相談はこちら

まずはお気軽にご相談ください。
制作前の疑問点、制作後の不安点、自分の商品は売れる可能性はあるのか??など、どのような細かい事でも気になる点は、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

お問合せ

必須会社名

必須お名前

必須メールアドレス

必須電話番号

必須ご希望の連絡方法

電話メールどちらでもよい

必須お問合せ内容

必須プライバシーポリシーの確認

同意する

個人情報の取り扱い」をよくお読みいただき、「同意する」にチェックを入れてください。

社内では、社長という「あだ名」で呼ばれています。いつの日か社長という「敬称」で呼ばれるように日々精進中です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧