ランディングページと広告はセットで考える

ランディングページと広告はセットで考える

当社のサービスについて, スタッフブログ

ゴールデンウィーク真っ只中・・・

野球観戦

メールや電話が鳴らない、このお休みの期間が大好き!!
このお休みの間にお仕事追い付けるように頑張るのであります

が・・・・

娘の部活チームの応援、高校野球の観戦からの・・・・自分はプレーしていないのに独りで夕方から反省会!?
なんかしていたら、、、

結局、お仕事が進まないという・・・・・ダメオヤジルーテインを繰り返しております。(^^)

絶好調!ランディングページ制作

ランディングページ制作実績を更新しました。

ランディングページ制作実績 サラシノール陽気茶
京都府 アスタシオン様

アスタシオン様 ご利用ありがとうございました! またのご依頼お待ちいたしております。

ランディングページと広告はセットで考える

広告とLPはセットで考える

先日、ランディングページを制作した後にお客様から、「コンサルの方が広告画像を制作会社に作ってもらってください」と言われたので広告画像の制作をお願いします。 とご連絡を頂きました。

と言っても・・・・このパターンはほんと良くある事なんですが・・・・。

筒井 : どの媒体を利用して、どのターゲット層に向けて、どのようなメッセージを送られますか?

クライアント : ? よくわからないんですよね。制作会社ならパッパと作れるでしょと言われてました。

筒井 : それ、だめなやつです。

クライアント : へっ?そうなの?

筒井 : 広告はメディアとメッセージとマーケットを確定させて考えないと、成果を上げにくいですし、何が理由でこの結果になったのか分かりにくいので、その成果を利用し難いので次につながらないです。

クライアント : ふむふむ。。。

筒井 : 今の状態って、成果がでなければ、制作会社の広告案が悪いとか、ランディングページが悪いとか、広告を打った場所が悪かった。と言う感じで、そのコンサルの方は責任逃れられますよね。

クライアント : 確かに・・・・。

筒井 : コンサルというのであれば、ランディングページ制作するときから、広告については考えていて、むしろ、ランディングページについてもどのようなメッセージをいれて、反応を試してみたいというものを持って意見を入れて頂かないとだめですよ。

筒井 : 他人のふんどしで勝負して、負けたら他人のせいってだめでしょ

クライアント : 確かに!そりゃそうですよね。ww

コンサルタントとのコミュニケーションがうまく行かなくて、コンサルタントさんが言いたいことが、伝わっていなかったというケースもありますが、 多くの場合は、行き当たりばったりのコンサルで、起きた結果について「●●が悪かった」
とだけの解説で、今後の展開や改善を示してくれないコンサルタントさんがおられます。

広告に限らず・・・・何をコンサルするのか・・・契約内容にもよりますが、
ECコンサルというのであれば、、

予測 → 実践 → 検証 → 改善案提示

このルーティンを実践・提案してくれないコンサルタントさんと契約されているのであれば、お付き合いの仕方は考えられるのがよろしいかと思います・・・。

大手モールのコンサルタントには注意が必要

結果論にはなりますが、、、、

リーチ数が予測出来ない良く分からない広告を●●万円での購入を勧められて、売上が立たなかったというケースが良くあります。 コンサルタントさんだけが悪いわけではないのですが・・・
予測は大幅に外れることは、時にはあります。

特に大きく売上を立てようとした時などは、ギャンブル的な要素が入りますので、予測は大幅に外れる事はあります。

それはそれでやむなしですが・・・・
広告の購入を勧められた場合には、最低限

・露出回数
・ターゲット層
・売上見込み

このあたりはしっかり確認して、相談して広告を購入してください。

広告を購入しないと、売上が伸びませんが、
広告を購入したから、必ず売り上げが伸びるというわけではありません。

大事な事ですので、後々お互いの感情のトラブルとなり、ビジネスが止まる原因となりますので、「事前の相談と確認」今すぐ実践してください。

ランディングページのご利用は計画的に

ランディングページを作るときには、どこからアクセスを集めるのか予定を立てる事

検索エンジンからか?
リスティング広告?
モール内検索からか?
モール広告か?
その時に利用するメッセージは何か?
ビジュアルはどのようなものなのか?

など、露出・集客に必要だと予測される要素を先に決めて、ランディングページの制作を取り組みましょう。

推測からは真実はつかみにくい時代です。
大手広告代理店でさえも、何をすればどうなるのか?という事が予測が付かない時代です。 テストを繰り返して、その成果を確認して、改善してまたテストして・・・という事を繰り返して行く時代です。

広告は制作会社に適当に作ってもらって!!

というコンサルタントさんではなくて、「この内容で広告画像を作ってもらってください」という事をはっきりと指示が出来るコンサルタントにお仕事を依頼するようにしましょう。

コンサルタントがいない場合は、事前に制作会社としっかりと相談しましょう。

どこからの集客を目的としているのか?
どのよう見込み客を集客したいのか?

この点はしっかりと確認して計画的に集客を進めて行く事をお勧めいたします。

もちろん当社ではその点もしっかりとサポートさせて頂いたランディングページ制作サービスをご提供致しております。

ランディングページ制作サービスはこちら

↑ ↑ ↑ ランディングページ制作サービスはこちら ↑ ↑ ↑

社内では、社長という「あだ名」で呼ばれています。いつの日か社長という「敬称」で呼ばれるように日々精進中です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧