久々!ランディングページ制作実績 更新しました。

スタッフブログ

お久しぶりの掲載の許可を頂きました

バイオフローラ研究所様

バイオフローラ研究所様

エクセレントはランディングページ制作が得意です。

エクセレントの業務の大半はECサイトの運営代行

最近では、自社サイトの制作を積極的に行っていますが、やはりメインはECサイトの運営代行です。
楽天市場、ヤフーショッピング、自社サイトをメインにドンドン企画をして、集客して売り上げを立てていく。
サポートしていてとても楽しいです。

その売上を構築していく為に重要なのがランディングページ(商品ページ)。

どれだけの見込み客をこのランディングページに送り込んで、どれだけ購入に結びつくのか!?
テストして、改善して、テストして、改善しての繰り返し。
これを根気よく頑張るのがECサイトの運営代行のお仕事であります。

エクセレントのデザイン業務ではランディングページ制作は花形業務

・バナー制作
・商品画像制作
・イベントページ制作

など、など数あるエクセレントのデザイン業務の中で、ランディングページ制作は花形業務です。
ランディングページ制作は誰でも出来るというものではございません。

Photoshopが操作出来るからといって、制作が出来るというものではありません。
Illustratorが操作出来るからといって、制作が出来るというものではありません。
デザインが出来るからといって出来るものではありません。

長年にわたる、制作現場での成功や失敗などの経験から習得した感覚が大事です。

余談ですが・・・

最近では、簡単にランディングページが作れるよ!というLP編集ソフトが出ています。
それを使用して、簡単にランディングページが出来るのであれば、是非社内に取り入れてガンガンにランディングページを制作しようと思って挑戦してみましたが、、、、
なんというか・・・・何かが違う・・・・
いや、いろいろなところが違い過ぎて、完成は思っていたものと違う。

なんだろう・・・・。
サンプルで見たデザインデータとなんか違うぞ・・・。
似たように作るけど、、、、挑戦するけど、、、なんか違う・・・・思うように操作できてない。
そして、、、使い方が悪いのか・・・・全体的に仕上がりがしょぼいな・・・。

結論

便利で簡単な編集ソフトはプロの制作現場としては使えないけど、コストを抑えて、出来栄えはそこそこで大丈夫というケースであれば、 効率よくドンドン制作していける可能性はありますので、おすすめだと思います。。。
が・・・・・何かといろいろな事を拘るプロの制作現場では不向きかなと思います。

当たり前ですがね・・・・

そんなランデイングページですが、エクセレントはどんな感じで作っているのか!?
ご紹介させて頂きます。

エクセレントの制作事情

エース下川

しゃべらなければ、、、才色兼備の下川さん
しゃべると、聞き手は笑いをこらえるのに必死です。
後輩たちが仕事について、技術や論理を教わっている時なんかは地獄です。

特に、ミスをして、それを改善すべく、相談しているシリアスな場面に遭遇すると、、、、 後輩にとっては・・・・・・・地獄です。

なんだろう、、、、
アクセントとイントネーションと強調するタイミングが独特過ぎるようです。。。。

修行中なのに修行しない大川内

世の中のだめだめオーラをすべて背負っているんじゃないか!?というほどのネガティブ女子

入社してまる一年!
確実に成長はしているけど、周りが期待している成長スピードがより遅く、それを指摘されるたびに、心が折れて入院する面倒くさいやつ。

そんな大川内が自己成長のために頑張りました。

達人下川に凡人大川内がランディングページの作り方のコツを聞いてみたそうです。

大川内:下川さん!ランディングページを制作する上で心掛けていることは何ですか?

下川:お客様のお客様が求めているであろうイメージをイメージして制作するんです。

大川内:(単語がいっぱいかぶっているのが気になるけど・・・・我慢我慢・・・w)

大川内:ページの構成とかストーリーは誰が考えるんですか?

下川:うちは社長でしょーー。

大川内:(うっ!いきなりでかい声!、、、何故このタイミング??)

大川内:綺麗なLPを作る為に心掛けていることはなんですか?

下川:綺麗なページを見る。綺麗なページを真似る。それが出来なければ・・・・・・・・ねぇーーーー、、、

大川内:(それが出来なければ??えっえっ!きになるーーーー!!・・・・なになに??)

下川:ウフフフフフ(笑)。

大川内:(えっ!!どうされた?・・・・)

下川:使う色とかはねーーー

大川内:(やべっ~!!今度は質問していないのに、いきなり答え始めたぞ・・・・)

下川:3色ですね。お客様からのヒアリングシートには希望が5色とか帰ってきますが、初稿は確実に2色は無視します。
虹か?ヾ(-д-;)南米か?ヾ(-д-;)自由化か?ヾ(-д-;)
という感じになるでしょ。やはり、基本は3色ですよ。
ウフフフフフ(笑)。

大川内:(やべっ~!!なんか調子出て来た・・・・)

下川:「フォントタイプ」や「フォントサイズ」
これも予め決めておかないと駄目です。
普通のデザイン事務所ではーン&マナーとか言うて、制作前にきっちり、かっちり決められているけど、
うちは基本的には最初から最後まで自分で一人で制作する事が多いから、トンマナの徹底はこまで厳しくは指導されないけど、、、、これ大事です。
これが無いとデザインがブレるからね。

特に制作始めは勢いよくガーーーーって作れるけど、ページの中盤になると勢いがなくなるときがあるの。
そんな時、時々私の中の悪魔がささやいておかしげなことをし始めます。

仮に、、そうなったとしても、後で最初に決めたトーン&マナーで見返してみてみると、おかしげなことになっていると気が付くんですよ・・・・。

そうやって、確認して、調整して、コツコツと作り上げていくのが私のやり方です。

大川内:(うっやべっ・・・・・・・また地獄にはいった・・・脱出だ!!)

大川内:ありがとうございました。

下川:あら?もういいの??
まだしゃべりたいなーーー

エクセレントでランディングページ制作で大事な事

後輩が先輩を気遣う

という事らしい・・・・ww。



ランディングページ制作のご相談はこちらから

社内では、社長という「あだ名」で呼ばれています。いつの日か社長という「敬称」で呼ばれるように日々精進中です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧