ランディングページの必勝パターン

ランディングページの必勝パターン

当社のサービスについて

ランディングページを制作して結果を残すには理由がある

ランディングページとは、広告媒体からランディングページにダイレクトに誘導して、見込み客からなんらかのアクションを起こして頂く事を目的としています。
「結果」を早めに欲しいと考えている見込み客を獲得するのに適している集客方法です。
別の視点で考えると、広告媒体を利用して、見込み客をランディングページに誘導して、見込み客の心理を手玉に取って、見込み客の心を操る事が出来るページの事です。

したがって、その見込み客との心理戦を行うにあたって、見込み客を「操る人が出来る」ランディングページ制作の必勝パターンを制作者が熟知しているかどうかが大事になります。

では、、、エクセレントはどうなのか?

当社でディレクションを担当している筒井限って言えば、世に言うノウハウコレクターの1人であります。
ライティングだけでいうと、ここ10年でライティングに関する本やランディングページの作り方などのノウハウを買い漁り、お勉強して来たかなりのライティングオタクでもあります。

参考文献を買い漁り、1,000件以上のランディングページを制作して来ると、さすがに必勝パターンを確立出来ています
ここまで当社のランディングページ制作をご利用頂いたお客さまにも、十分ご満足頂けるだけの制作費以上の売上を還元させて頂いております。
5年ぐらい前に、制作したランディングページでは年一回ほどのブラッシュアップは図りますが、商品単価は2,000円程度ですが、累計で5,000万円の売上を計上しています。

エクセレント制作実績

15万円の制作費用で5,000万円の売上です。

去年の制作では、商品単価は3,000円程度ですが、一日で300万円の売上を計上した商品もございます。
もちろん、失敗も多々あります。
ただ、その失敗は次回の成功につなげさせて頂きまして、常にランディングページ制作技術のバージョンアップに生かせて頂いております。

ランディングページの基本構成

さて、そのランディングページ制作について、見込み客の興味を引くような文章や構成にして、成果を残すには、当然にビジネス的に必勝パターンが存在します。
その必勝パターンを構成する要素のエクセレント版をご紹介いたします。

問題提起

この商品を購入するとどうなるのか?
ファーストビューにて、見込み客がページ訪問後、3秒以内で説明が出来るファーストビューにします。

エクセレントがECサイトのランディングページを制作する場合、多くはあなたの問題を認識していますよという「この商品はあなたのお悩みを解決する商品ですよ」というスタンスのメッセージを発信することを考えてスタートします。

例えば、、

不安、恐怖の解消
欲求、希望の実現

こ視点で、メインコピーを考えて見込み客との悩みを共有しているスタンスをアピールします。

結果の提示

その商品を購入して、見込み客に持たらす結果はどのようなものなのかを明示します。

このような結果が、お客様が望む未来ですよね? この商品を買えばこのような未来が手に入れる事が出来ます。

という事を画像とサブコピーで分かりやすく見込み客にイメージさせます。

共感させる

見込み客と同じ悩みを持った方がこの商品を使用した結果、このような状態になりました。

という事を具体的に・分かりやすく紹介して、「この商品はあなたの求めている結果を手に入れる事が出来る商品ですよ」
ということを見込み客の心理に刷り込んでいきます。
そして、信憑性を上げるために、数多くのお客様レビューを掲載して行くと効果は高まります。

推薦をもらう

見込み客の未来像をもっと確実にイメージして頂ける要素として第三者からの推薦の言葉を準備します。

権威ある人からの推薦
同業他社、もしくはその道のエキスパートからの推薦
テレビや新聞や新聞などの取材実績などあれば掲載しましょう。

ストーリーを入れる

人は感情で商品を購入します。
そして、それを正当化するための理由を探します。
その為に、「売り込み」ではなくて、「物語」を入れます。
人は他人の「物語」が大好きです。
売り込みの項目は興味がなく読みませんが、物語は好きです。

小さいころからいろいろな物語を聞かされ、いろいろな物語を読んで来たので、その要素の内容は自然に興味を持ち、反応します。

正当化するための理由を、商品購入前の状態から購入後までの「物語」として準備しておく事で、探して出してくれます。

分かりやすい例

通常では、作文のようにしてテキストタイプで書き出していきます。
手紙のようにして表現するのも良いでしょう。

エクセレント制作実績

このように漫画にしてしまうと制作コストはかなり掛かりますが、漫画にすると反応率はとても上がります。
見込み客の興味を引く事が出来る形を商品の特徴を考えて工夫していきます。

特典・限定感の演出

商品の購入を今決断しなければならない理由を明示させます。
例えば・・・

個数限定
期間限定
先着100名様 〇〇までにご購入頂くと500円割引
今なら、2個買うと、1個無料

などの販売を限定する理由を述べて、購入を決断しなければならない理由をあげて、見込み客の背中を後押しをしてあげます。

保証

見込み客の商品が「もし、この商品が自分の期待に添えない場合はどうしよう」と思われると予測して、予め見込み客の不安を取り除く要素を準備します。

効果を感じなければ返品OK
5年間の修理保証

このような保証を提示することで、購入率はかなり上がります。

まとめ

全ての会社が上述したすべての要素を準備することは無理かもしれません。
全ての商品が上述したすべての要素を準備することは無理かもしれません。
ただ、準備することで商品の購入率は跳ね上がります。

ランディングページでビジネス展開をされ始めた場合、時間やコストのかかることに敬遠しがちな要素ばかりですが、 実践したケースとしないケースでの売上高の違いは明らかです。
ですので、人気店はランディングページの売れる要素をふんだんに入れ込んだページ制作をします。
資金に余力があるから、そうするのではなくて、売上が上がる事を理解しているのでそうするのです。

成功者が実践して結果が出ていることをしっかり真似ということは、ビジネスにおいてはとても大事なことです。

ネットショップで成功するためには、成功している店舗が実践していることを単純に真似をする事です。

ランディングページ制作のご相談はこちらから

おまけ

エクセレントのランディングページ制作実績です。

エクセレント制作実績

エクセレント制作実績

エクセレント制作実績

エクセレントではランディングページ制作の相談は無料です。
お気軽にご相談くださいませ。

ランディングページ制作のご相談はこちらから

社内では、社長という「あだ名」で呼ばれています。いつの日か社長という「敬称」で呼ばれるように日々精進中です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧