6月18日に発生した地震について

マグニチュード6.1

2018年6月18日 7時58分頃、大阪北部を震源とする
マグニチュード6.1のの地震が発生しました。

この地震により被災された皆様には心からのお見舞いを申し上げます。

岡山県も震度3の揺れを観測し
いつも寝坊がちな私も飛び起きて
寝ぼけまなこで「じしんだ!!!」と変換する余裕もなく
姉に連絡を入れていました。


弊社が出来ること

次々と上がってくる被災情報に不安を煽られながら
「震災時、弊社に出来ることがあるのだろうか」
と私は考えました。

答えは「NO」です。

起きてしまった後にお力になれることはとても少ないです。
ですが、備えに関してはお力になれる部分がありますので
今回、そちらを紹介させていただきます。

LINEの活用法


現在、多くの方が利用されている「LINE」。
コチラの「既読マーク」は、東日本大震災の時に
緊急時に返信が出来なくてもメッセージを読んだ、生きている
という事が伝わるようにと付けられた機能だそうです。

【アナウンス機能】

私の実家でもそうですが、家族のグループLINEなどを
作られている方は大変多いと思います。

緊急時、たくさんのメッセージが行きかう中で
「これは絶対に見て!!」という情報の場合
トークルーム上部に固定することが出来ます。

LINE

知っていて損はないと思いますので
参考までに、【 LINE災害時情報 】 こちらもご覧になってみてください。



いつでも最善の準備を


震災の怖いところは、いつ来るか分からないことです。
慣れるものでもありませんので
いつでも最善の準備をしておくに越したことはありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)
飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。
  日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。
首相官邸サイトより引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最低限の水、非常食の準備を。

家族と避難場所を決めておくのもいいかもしれませんね。


弊社でも、1度くらいは避難訓練をしておこうかな、、、
何より、出口に一番遠いのが2階に居る社長(最近ダイエット志向気味)です。
サバイバルに関しては、鷲尾さんがいれば生きていける気がする。
いや、間違いなく生きていける。


また何かお役に立てる情報がありましたら
発信していきたいと思います!


できる備えを、出来るうちに!
では、また更新します!

最近は日本刀と役者を育てる育成ゲームにどっぷり。そ、そのせいでちち遅刻なんてしてないですから!!

スタッフブログ