大川内 はじめてお食事会の料理を作るの巻

雑魚キャラ脱出のために、いろいろな方法を試みている大川内。
しかし、どの方法もハードルが低いうえに、やり切らないという、
まわりをイライラさせる要素を日々増やしている大川内。

さて、そんな意識低い系社員・大川内が遂にエクセレントのお食事会のメインコックとして調理デビューです。

本日のメニューは、中村が先日、韓国で購入して来てくれた冷麺です。
では、早速にパッケージに書いてある作り方を見て調理しよう!!

大川内

あれっ??

大川内

説明が韓国語だ。
(当たり前だけどね・・・)
何を書いているのかさっぱりわからない・・・
(そうでしょーーねーーーww)

大川内

うーーーん。
辛うじて、理解できる
数字の「3」と麺をゆでて、冷やすであろうイラストから判断して
3分ゆでて、水で冷やすのであろうと判断して、調理開始!!

大川内

盛り付け用のキュウリを切る。
リズム感の無い切り方と、大きさや太さが不均等な成果物
ある意味、期待を裏切らない光景に、大川内のスケールの凄さを感じる。

大川内

麺が茹であがり、しっかりと冷水処理。

大川内

順調なんだと思いきや、
大量の麺の残骸達が、シンクのネットに脳みそのように所狭しと放置されているという悲劇が起きていました。
量は軽く一人前はあろうかと・・・・

筒井 「大川内、どうしたこれ」
大川内 「いや、なんか、麺が勝手にごぼれたんですよぉぉぉ」
筒井 「・・・・・。」

何の罪もない、韓国からわざわざ日本にやって来た冷麺に、自分の不手際のミスを擦り付けるという不条理さ。
そして、あくまでも麺が自分の意思でこぼれたかのように言う不条理極まりない擬人法での言い訳。

そこにも大川内の凄さを感じます。

次は盛り付け!

大川内

ぐちゃぐちゃ~~

大川内

ぺっ!!

ぐちゃぐちゃ~~ぺっ!って
まるでまずくな~~れ!!
と言わんばかりの子供の泥遊びで使うトークをおまじないのように唱えつつ、
素手で麺を盛り付ける大川内。

このダブルでの奇行にも大川内のスケールのでかさを感じる。

大川内

そして、ここでスーパーサイヤ人のように私から出る苛立ちのオーラを感じ取った、
4年目のコック社員と、3年目のスーパーアシスタントがすかさず、盛り付けのサポートに入る。

楽しいお食事会が、つまらない説教大会になっても嫌だからね。

これはナイスフォローだ。

大川内

そして、完成!!韓国の冷麺
うん!おいしそう!!

正式には、今回の商品はビビン麺というらしい・・・

ビビン麺とは?

コチュジャンや酢、胡麻油や砂糖などを混ぜ合わせた、辛めのヤンニョム(合わせ調味料)味が特徴で、お肉や魚を乗せて、麺とヤンニョムをよくからめながらいただくもの

出典 みゆき先生の簡単&おいしい韓国料理レシピ!「ビビン麺」 | ソウルナビ

要は辛いそうです・・・・。

大川内

ということで、早速に食べてみる。
初めてのビビン麺のお味は?

大川内

か~~らっ!
やべっ!
韓国、やべっ!
韓国、半端ねーーー!
毛穴から火が出るって!
脇汗、半端ないって!
鼻がすげーーー。
何々、、、鼻がいたーーーい



と散々なコメントを残しつつも、テレビの食レポ的には100点満点のリアクション。
そして、チョイスしている言葉がお下品過ぎるところにも
大川内の末恐ろしさを感じます。

鷲尾

そんな、大騒ぎしている大川内の隣で辛いビビン麺を、涼し気に食べている4年目のコック社員。

・・・・・・。

あなた、何持っているの??

鷲尾

非常識な七味辛子 「激辛」??
こんな辛いのに、、、あなた馬鹿なの??


あれ・・・。

もしかして、、あなた・・・大川内の麺に・・・・・・???

・・・・・・。

今となれば、真実は闇の中・・・。

信じるか信じないかは、あなた次第!!

ビビン麺

大川内さん、調理過程は見てられなかったけど、出来たものは美味しかったよ。
中村さん、お土産ありがとね!

次のお食事会は何しよっかな―――

社内では、社長という「あだ名」で呼ばれています。いつの日か社長という「敬称」で呼ばれるように日々精進中です。

スタッフブログ